えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 02日

日本の野草(16)ススキ

イネ科ススキ属のススキ(薄)と、タカノハススキ(鷹の羽薄)です。ススキは、東アジアに広く分布しているそうです。「尾花」とか「萱」とも呼ばれるそうです。茅葺(かやぶき)屋根の「茅」という植物はなく、アシ、ススキ、チガヤなど長い茎を持つ植物の総称なのだそうです。藁葺(わらぶき)は稲藁や麦藁を使ったものですね。タカノハススキは斑入りの園芸種で、「ヤハズススキ」(矢筈薄)とも呼ばれます。

(ススキ)
e0031500_7325929.jpg

e0031500_733971.jpg

(タカノハススキ)
e0031500_7332432.jpg

e0031500_7334625.jpg

[PR]

by elderman | 2006-10-02 07:33 | 花と樹木(温帯)


<< 日本の野草(17)ゲンノショウコ      日本の野草(15)センダングサ >>