えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 28日

近所の花44(日本)友禅菊

キク科シオン属の友禅菊です。北アメリカが原産で、日本へは明治時代に渡来したそうです。名前は、花の色が友禅染のように鮮やかなことからだそうで、園芸種も多く作出されています。
e0031500_830185.jpg

e0031500_904710.jpg

[PR]

by elderman | 2006-09-28 08:30 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by mintogreen at 2006-09-28 22:45
えるだまさん、こんばんは。
宿根アスターよりも、少し大きめですか?
綺麗な紫色ですね~。

ちょっと変わった葉っぱの、マメ科のカリアンドラ、UPしましたよ~。^^
Commented by elderman at 2006-09-28 23:03
mintogreenさん、こんばんは。^^
宿根アスターというのは、友禅菊の別名ですね。ミカエルマス・デージー、ニューヨークアスターという別名もあるようです。
カリアンドラ、それは初耳です。楽しみ、楽しみ。^^
Commented by ショコポチ at 2006-09-29 09:51 x
本当にきれいな色ですね。なにか、中心の部分まで染まっているような…奥行きのある色合いです。「友禅菊」と名づけた気持ちがわかります。
Commented by elderman at 2006-09-29 12:10
ショコポチさん、こんにちは。^^
本当にそうですね、洒落た名前をつけたものです。
ハキダメギクとかヘクソカズラとかひどい名前もありますけどねぇ。(苦笑)


<< メキシコの思い出(5)チチェンイツァ      メキシコの思い出(4)テオティワカン >>