えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 28日

メキシコの思い出(4)テオティワカン

メキシコと言えばピラミッドですね。メキシコシティの近くには、アステカ文明の遺跡であるテオティワカンがあります。アステカ文明は、紀元前6世紀から2世紀まで存在していたものです。テオティワカンは、メキシコシティから北東に約50km離れたところにあります。タクシーでも行ける距離です。

テオティワカンというのは「神々の都市」という意味だそうで、そこには「太陽のピラミッド」や「月のピラミッド」、「死者の大通り」などがあり、世界有数の遺跡といえるでしょう。計画都市らしく、ピラミッドなどの配置は整然と設計されています。もちろん世界遺産に登録されています。

朝早く、テオティワカンに到着しましたが、まだ観光客が少ないというのに、お土産の売り子が待ち構えていました。メキシコでは言い値で買うと損をしてしまいますから、3分の1の値段から交渉を始めるのが普通でしょう。結局半分の値段で折れるようですけど、3分の1でも損はしないはずですよ。

観光の後、近くでランチにしましたが、こういう観光地の食事というものにはなかなか美味しいものには当たりませんね。珍しいのでウサギの焼肉を注文しましたが、肉は硬いし、味もちょっとひどかったですねぇ。(苦笑) 素晴らしい遺跡で感動した後ですから、ちょっと残念ですね。

(太陽のピラミッド)
e0031500_8261332.jpg

e0031500_8263956.jpg

(太陽のピラミッドから月のピラミッドを見る)
e0031500_8265062.jpg

(月のピラミッド)
e0031500_827093.jpg

(月のピラミッドからの眺望)
e0031500_827913.jpg

[PR]

by elderman | 2006-09-28 08:27 | Comments(0)


<< 近所の花44(日本)友禅菊      近所の花43(日本)アカジソ >>