えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 21日

日本の野草(9)ベニバナノボロギク

ベニバナノボロギク、本当は野草なのでしょうが、写真のものはどなたかが植えられたものだと思います。赤い花が咲くので、野草には見えないくらいです。
e0031500_6344187.jpg

(アップ)
e0031500_11261914.jpg

(参考)ノボロギク・・・種子になって開く感じですね。
e0031500_11282479.jpg

[PR]

by elderman | 2006-09-21 06:34 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
Commented by mintogreen at 2006-09-21 20:45
わ~、可愛い。
えるだまさん、こんばんは。^^
ベニバナノ…ボロ・・ギク・・・?
ベニバナ・・・ノボロ・・・ギク・・・?^^

緑の中で真っ赤な明かりが・・・ぽっと灯っているようだ。
Commented by aki at 2006-09-21 23:21 x
色の組み合わせがすごく可愛いですねー。
開くとどんな花なのかも知りたいです。
Commented by elderman at 2006-09-22 02:13
mintogreenさん、こんばんは。^^
ノボロギクってご存知ありませんでしたか。ノボロギクは野襤褸菊と書きますから、野に咲いて、その冠毛がボロのような菊ということでしょう。
写真の花は、その紅花バージョンってことですね。
Commented by elderman at 2006-09-22 02:17
akiさん、こんばんは。^^
日本の野草という表現はよくなかったようです。アフリカが原産だそうです。ノボロギクの紅花版ですから、残念ながら花はこれ以上は開かないで、白い冠毛になってしまいます。
Commented by aki at 2006-09-22 11:14 x
あら、これが満開なのですか。蕾に見えるのに。
蕾のまま終わるなんて、まるで私のよう・・・(おい!)
失礼しました~^^
Commented by elderman at 2006-09-22 11:25
akiさん、そうだと思います。
この後、すぐにタンポポの種子のような冠毛になってしまいます。
よーく見るとクルクル巻いたようなオレンジ色のめしべが見えます。


<< 国際協力について(11)技術移...      国際協力について(10)現場主義 >>