えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 17日

ベネズエラの思い出(15)結婚式

ベネズエラの人々にはカトリックが多いようです。独身の日本人専門家が現地の女性と結婚することになり、私は初めてカトリックの結婚式に出席することができました。私はクリスチャンではありませんから、公式行事で教会に入ったのは初めてのことです。

結婚したお二人は、今は子供にも恵まれ、日本に住んでいらっしゃいます。どこかで遭うといけないので、写真はサングラス処理にしました。

教会での結婚式そのものは、割り合い短時間で終了しました。日本の神前結婚式と同じくらいです。クリスチャンの結婚式は、映画などでも観る機会があるので、特別変わったものはありませんでした。

結婚式が終わって、新郎新婦はあたかもハネムーンに出掛けるような演出でした。この後、結婚披露宴になるので、まだハネムーンには出掛けることはないのですけどね。新郎新婦の乗った車を見た他のドライバーたちが、祝福のためでしょう一斉にクラクションを鳴らしました。

結婚披露宴は、高級なレストランを借り切って行われました。こちらは制限時間のある日本の結婚披露宴と違って、挨拶のほか、飲んで、食べて、踊って、何時間も続きました。

(新婦の入場)
e0031500_7184390.jpg

(牧師さん)
e0031500_719735.jpg

(新郎新婦の指輪の交換)
e0031500_7191775.jpg

(披露宴で新婦のガーターを新郎が外し、独身参加者に投げます。)
e0031500_7192610.jpg

(レストランの出口には祝福のクス球のようなものがあり、中に入っているものは米でした。)
e0031500_719407.jpg

[PR]

by elderman | 2006-09-17 07:19 | Comments(2)
Commented by 宇宙和里 at 2006-09-17 20:53 x
こんばんわ^^。せっかくの 結婚式・・花嫁さんなのに、お目目が・・・・。
和気藹々と言う感じの 式(レセプション?)は、いいですね~。
Commented by elderman at 2006-09-17 20:59
宇宙和里さん、こんばんは。^^
すいません、日本のどこかで遭う可能性があるので、サングラス処理にいたしました。m(_ _)m
結婚式は真剣でしたけど、披露宴はもう明るいのなんのって、さすがにラテン人の集まりです。みんなが幸せに感じた時でした。^^


<< 国際協力について(6)独立行政法人      園芸植物(25)オオケタデ >>