えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 10日

日本の野草(7)シモツケソウ

バラ科のシモツケソウです。シモツケソウは日本の固有種で、シモツケソウ属と独立した属になっています。紅白の花が同じ株から咲く種類は、「ゲンペイシモツケ」(源平下野)と呼ばれています。写真は川村美術館の公園で撮影したものです。

(シモツケソウ・・・シモツケソウ属)
e0031500_721224.jpg

(ゲンペイシモツケ・・・カマキリ君がご挨拶。^^)
e0031500_7211056.jpg

(シモツケ・・・シモツケ属・・・こちらは低木です。八丈島で撮影したものです。)
e0031500_7355978.jpg

[PR]

by elderman | 2006-09-10 07:21 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by mintogreen at 2006-09-10 08:19
えるだまさん、おはようございます。
シモツケ、家の庭にも日陰で細々と咲いてます。^^
これがバラ科って言うのは、納得できます。
濃い緑色の葉と鮮やかなピンクの花が美しいですね。
Commented by elderman at 2006-09-10 09:19
mintogreenさん、おはようございます。^^
シモツケとシモツケソウ、少しややこしいですね。
小さな花の好きな私には、こういう花は魅力的に見えます。^^
Commented by madamkase at 2006-09-10 10:02 x
本当に可愛い、かんざしのような花ですね。
私はかまきりを認識するのに十数秒かかりました。
Commented by elderman at 2006-09-10 10:32
madamkaseさん、おはようございます。^^
かんざし ですか、なるほどねぇ。いいイメージですね。
カマキリ、現場では気がつきませんでした。写真を見て、あれ?って感じでした。(笑)


<< ベネズエラの思い出(10)グラ...      ベネズエラの思い出(9)ラ・グ... >>