えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 09日

園芸植物(16)アスター

キク科エゾギク属のアスターです。中国東北部からシベリアが原産だそうです。アスターというと、キク科シオン属の学名になりますが、こちらの学名は”Callistephus chinensis”といいます。ややこしい名前ですね。別名で「エゾギク」(蝦夷菊)とも呼ばれます。写真は、川村美術館の売店で撮影したものです。
e0031500_1631512.jpg

e0031500_1632012.jpg

[PR]

by elderman | 2006-09-09 16:32 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
Commented by matyabin at 2006-09-10 08:27 x
おはようございます。
お盆にPCのランポートが雷でやられて・・・長いこと触っていませんでしたが、無事復帰しました(^^)

えぞ菊は、母がいつも植えています。ちょうどお盆のお墓参りのお花と決まっています。
「蝦夷菊」なんですね。
私はずっと「江戸菊」とばかり。。(汗)

秋だというのに、昨日今日と真夏日より真夏日らしいお天気でびっくりしています。

Commented by elderman at 2006-09-10 09:25
matyabinさん、おはようございます。^^
お久し振りですね。そうでしたか、PCのトラブルでしたか。
復活おめでとうございます。^^

エゾギクというとちょっと響きが悪いからかな、それでアスターなんてね。

今日は真夏日ですね。夏の名残を楽しんでくださいな。^^


<< ベネズエラの思い出(9)ラ・グ...      日本の野草(6)キンミズヒキ >>