えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 25日

浦島太郎の雑記(27)格差社会

最近、話題になっている格差社会ですが、浦島太郎の私には、日本も外国みたいになって来ているという印象があります。私が、格差社会を一番感じたのはバンコクです。続いて中南米の国々かな。今の日本は、それに近くなっているのかも知れません。

バンコクでは、庶民生活の代表のような蚤の市や屋台があるかと思えば、高級ブランドショップや高級デパートもあります。トゥクトゥクと呼ばれるオート三輪があり、そしてベンツ、BMWも走っている。日本の場合はまだ格差の幅が小さいようですが、いずれバンコクのようになるのかも知れません。屋台の復活は楽しいと思いますけどね。

タイ人のお金持ちは、小金持ちの日本人よりもずっと裕福です。そして、お金持ちの外国人もバンコクにたくさん住んでいます。5つ星ホテルに宿泊し、屋台の味に舌鼓を打って楽しめる日本人には楽しいバンコクですが、そこの住民となったらどうなんでしょうか。お金持ちグループに属したら、楽しいかも知れませんが、庶民と一緒のグループだったらどこまで楽しめるのかなぁ。

世界中どこでも見かけるバックパッカーさんはバンコクの安宿に泊まり、庶民と同じような食事を楽しんでいますが、一生住むということになるとどうなんでしょうね。短期間ならエンジョイすることができるのでしょうけど・・・。年単位でバックパッカーをやっている人なら、バンコクは住みやすいかも知れません。

日本のビールを見ると、プレミアム・ビールのように値段の高いビールがあり、普通のビールがあって、ちょっと安い発泡酒があって、さらに第三のビールのようなものがあります。それぞれの財布の事情に応じて選択肢があるというのはいいことなのでしょうが、格差社会の表れと思うとちょっと哀しいかな。

カレールウだって、例の「プライムですから」というCMがあるように、高級なものと普通のものが発売されています。これまでにも高級志向の商品が発売されたことはありますが、あれはバブル経済の頃だったのでしょうか。今は違った意味で、より定着しやすい経済環境にあるのかも知れません。食品の場合は、一点豪華主義ということもできますが、いつも高級食材を求めると一か月の食費には響くでしょうね。

超大金持ちがいなくてみんな同じような豊かさという日本の良さが年々失われていくようですが、これからは世界の国々にみられるような、お金持ち、普通の人々、貧しい人々が混在した社会になっていくのでしょうかねぇ。
[PR]

by elderman | 2006-08-25 08:22 | えるだまの観察 | Comments(8)
Commented by ショコポチ at 2006-08-25 11:42 x
格差社会については、「いままでの日本が異常だったんだよ」という人も多いので、経済学者でもない私は何も言えなくなってしまうんですが、素朴に、「先進国の中でアメリカに次いで2位の格差社会」に、いきなりなってしまったというのはおかしいんじゃないかと。
では他の先進国はどうなんでしょう。たとえばえるだまさんが行かれた国は、どうですか?
Commented by elderman at 2006-08-25 12:21
ショコポチさん、こんにちは。^^
私は、先進国に長期間に渡って住んだことがないので正確なことは分からないのです。(汗)
北欧は、所得も高いけど、物価が高く、みなさん同じ程度という感じでした。それでも退職後は悠々自適という生活を楽しんでいるようで、福祉大国だなぁと感じました。
ドイツ、フランス、スペインには2,3回行っていますが、タクシーの運転手が貧しいという雰囲気はなかったようです。一部に大金持ちがいるのでしょうが、私のような一般人では接触する機会がないのでねぇ・・・(苦笑)
ヨーロッパでも最低賃金で働いている人たちというものはあります。失業した若者、定年で退職した人たちです。一番貧しい人たちは難民などの移民して来た人たちでしょうか。
Commented by 宇宙和里 at 2006-08-25 19:51 x
こんばんわ^^。 ツバキという名の、資生堂から出されているシャンプー
、コンディショナーも、 えるだまさんが書いておられる ちょっと高いビールやカレールー、同様、少し高級感を出しつつ、価格も、高いものに(わざと)した結果、ヒットしているそうです。 みんな 経済的に苦しい~といいつつ、私から見ていると、日本人は、まだまだ贅沢だと思います。
格差社会というのは、やはり、 何らかの理由で、これまで支払えたものが支払えない(必要なもの)ということが常態化した生活を送るようになった人たち、、経済的に苦しい人たちが、まず自覚するのではないでしょうか。 一億総中流などと言われて、その気になった日本人ですから、バブルがはじけて、リストラが当たり前になったにもかかわらず、自分の生活がよければ、ま、いいんじゃないか~というような 甘い考えが、根底には残ってしまっているのかもしれません。 それが悪いというのでは、ないですけど、・・・だって、見ていると、ホント、日本人ほど、経済状態を憂いながらも余計なモノ(嗜好品にしろ、服飾のブランド物にしろ、海外旅行にしろ、)にお金を喜んで遣っている国民・・・って珍しくないですか?!
Commented by Mook at 2006-08-25 21:45 x
中流主義と言うか、普通で良いってのも崩壊してるみたいですね~
Commented by elderman at 2006-08-25 21:53
宇宙和里さん、こんばんは。^^
核家族化している現在、どこの家庭が本当に経済的に苦しいのかはよく分かりませんが、一番苦しいのは大学生の子供を抱えた家庭ではないでしょうか。旦那さんだけの収入ではかなり苦しいのではないかと思います。かと言って進学を諦めたという話はあまり聞かないのですが、その点で発展途上国よりはまだまだ恵まれていると言えるのかな。
最近、ゴルフの練習をしていますが、練習場には定年退職した人たちが楽しそうに練習をしています。まだまだ日本は経済的に豊かなのでしょうか。国や地方自治体の借金が気になりますが、心配いらないのかなぁ。
Commented by elderman at 2006-08-25 21:56
Mookさん、こんばんは。^^
中流ねぇ・・・ 別荘もないのにねぇ。(苦笑)
私のところはずっと二馬力だったので、中流という意識はないけど、一馬力の家庭の経済状態がどうなのか分からないのが問題かな。
Commented by kaze at 2006-08-27 22:51 x
これから日本も格差社会になりそうですね。
お金持ちはますますお金が出来て、
無い方はますます借金がふくらむなんて社会が来そうです。
一億総中流なんて事は遠い昔の話になるのかもしれません。
もうそう言う時代なのでしょうか。
Commented by elderman at 2006-08-28 08:37
kazeさん、おはようございます。^^
改革、改革と、改善だか改悪だか分からないものが行われていますが、
これからは改革の反動が出るんじゃないかなぁ。
日本のよかったところを見直すという意見が出てくるような気がします。
これからの数年、政治は変化するんじゃないかなぁ。
長野県は、保守に戻りましたけどね。


<< 植物園の花(11)スイートフェンネル      植物園の花(10)ムユウジュ >>