えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 21日

マレイシアの思い出(14)コタキナバル

ご存知のようにマレイシアはタイの南側にあります。なのにタイと日本との時差が2時間あるにもかかわらず、マレイシアと日本との時差は1時間です。これは、マレイシアがボルネオ島にある東マレイシアと半島部分との時間を同じに設定していることに起因しています。

私のマレイシア在任中には東マレイシアに行く機会がなかったので、帰国の際に帰路変更をして東マレイシアに寄ってみました。マレイシアで半年を過ごした次男坊と一緒に帰国の旅でした。コタキナバルには2泊して、その後、フィリッピンで日本から来る長男と合流し、マニラ周辺を観光して帰国するというものでした。

寄った先はサバ州のコタキナバルという町です。コタキナバルにはキナバル山という標高4,095m、東南アジアの最高峰があります。東マレイシアには、サラワク州という州もあり、州都はクチンという町です。石油王国で有名なブルネイはサバ州とサラワク州の間にあります。

(コタキナバル市街地)
e0031500_11243836.jpg

e0031500_11244741.jpg

(キナバル山)
e0031500_14303364.jpg

e0031500_112517.jpg

(マリンリゾート)
e0031500_11251213.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-21 11:25 | Comments(0)


<< 植物園の花(7)メディニラ・マ...      園芸植物(13)シコンノボタン >>