えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 18日

マレイシアの思い出(11)タイプーサム

ヒンドゥー教最大のお祭りのタイプーサムは、ヒンドゥー暦の10月の満月のときに行われるといいます。ヒンドゥー暦についてよく知らないので、太陽暦でいつなのか厳密に言えないのが残念です。私の行ったときは1月の終わり頃だったと思います。

祭りの舞台は、バトゥ・ケーブというところで、クアラルンプールから車で30分くらい北に走ったところにあります。大きな洞窟なので普段でも観光地ですが、タイプーサム以外では、訪問客はまばらという感じです。

インド系マレイシア人はマレイシアの人口の中で10%にも達しない程度ですが、このお祭りのときには全国からインド系マレイシア人が集まって来ます。タイプーサムは、体に針を刺したりと、少し残酷なお祭りとして有名ですが、実際はそれほどでもありません。

少し痛々しい苦行をする人はトランス状態にあるのですが、何によってそうなっているのかまでは分かりませんでした。お祭り特有の興奮と異常な集中力のせいかも知れません。

(まるで山車みたいです。)
e0031500_226584.jpg

(右の人はトランス状態、左の人は右の人の興奮を煽っているようです。)
e0031500_13442953.jpg

e0031500_2272289.jpg

e0031500_2273290.jpg

(参考)平常時のバトゥ・ケーブ
e0031500_228356.jpg

e0031500_2281138.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-18 02:28 | Comments(2)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-08-18 15:33 x
うわぁ~!ここすごい!
こういうところ、大好きです!
Commented by elderman at 2006-08-18 15:51
猫姫さん、こんにちは。^^
ホラーじゃないけど、そうですか、面白いですか。
年に一回ですから、見に行かれたらいかがでしょうか。^^


<< 近所の花30(日本)オミナエシ      植物園の花(5)トーチジンジャー >>