えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 14日

ゴルフ復活手記(10)

ゴルフ復活手記を書き始めましたが、このシリーズはまだまだ続きそうです。2年振りのゴルフでは、散々な結果でした。54+53=107としっかり100を叩く始末でした。2週間後に、本コースで2回のプレーがあるので、もうひと踏ん張りしないといけません。

練習場とコースとでは大違いです。コースでは気持ちが焦るのでしょう、ショットのタイミングが早くなり、きちんとボールを捉えることができませんでした。OBは一発で済みましたが、前半はほとんどのボールが右に出て行きました。ヘッドの走りが悪いということなのでしょう。かと言って、無理やり引っ張るともっとひどい結果になるはずです。

ドライバーは後半に入り少しまともになってきましたが、その分アイアンがまったくダメになってしまいました。肩の回転が不十分で手打ちですから、これではボールがきちんと飛ぶはずがありません。そこに輪をかけてダフリ、トップなんてやっているから、自信がなくなり、早打ちになってしまうようです。それが分っているのに、どうしても早くクラブヘッドを下ろしたくてしょうがない・・・ ボールは止まっているのですけどねぇ。

グリーンまでがとても遠かったです。パー4でも、4打でやっとグリーンというありさまでした。得意のアプローチも出番がありません。1パットで、ボギーやらダブルボギーというのでは気持ちが腐ってしまいます。そのような状態の中、一緒に回った友人がいいスコアで回っていたのが、救いでした。私は彼の足を引っ張らないようにと真面目にプレーする気持ちを維持できたからです。

みんなで切れると大変です。へろへろゴルフになってしまいますからね。わはは、と楽しくやるのもいいのですが、少しは締まらないとつまらないものです。

ぼろぼろの2年振りゴルフでしたが、収穫がないと時間の無駄使いをやったような気がしますから、少しは反省して収穫にしないといけません。どうせへなちょこショットなら、空自信でもいいから、堂々とスイングをしないといけませんね。この点、後半、少しだけ矯正できたようです。

今回アイアンショットがひどかったので、これから2週間はアイアンショットの練習に励みたいと思います。2回目のゴルフでは、100切りを目標にするしかありません。トホホ。2年間のブランクというのは思った以上に大きな問題のようです。コース、練習場という繰り返しで、なんとか元の調子に戻せるのでしょう。前途多難です・・・やれやれ。(汗)
e0031500_16145749.gif

[PR]

by elderman | 2006-08-14 16:12 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< 植物園の花(2)サギソウ      マレイシアの思い出(7)ランカウイ島 >>