えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 05日

マレイシアの思い出(1)蛍

クアラ・クワンタン、クアラ・ルンプールから2時間ほど北上したところに、蛍を観察できる場所があります。私がマレイシアで働いていた頃、職場に日本からのお客さんがあって、どういう訳か蛍の話になり、それでは実際に見に行こうということになったのです。

クアラ・クワンタンへは、仕事が終わってそのまま向かえばちょうどいい時間です。この時は、6月に入っていましたから、真っ暗になるにはまだ十分時間がありました。私は、途中のクアラ・スランゴールで夕食をすれば蛍観察に丁度いい時間になるという計算をしました。

クアラ・クワンタンは本当に田舎なので、そこで気の利いたレストランを期待することはできません。イスラム教の国ですから、ビールなしでマレー料理を食べるしかありません。こういうところのレストランというのは味はともかく、決まってプラスティックの器が出されるものです。

目的地に着いた時にはもうすっかり暗くなっていました。駐車場からボート乗り場までちょっと距離があります。夜空を見上げると満天の星が輝いていました。私はお客さんと同行のマレイシア人に、夏の夜を飾る白鳥座、琴座、大鷲座を説明したり、ほとんど真上に見えるさそり座を紹介しました。

ボート乗り場に行くと、写真撮影禁止などの注意書きがこれ見よがしに掲示されていました。蛍なんて写真を撮っても美しく撮ることは至難の業だと思われるのですが、まさかフラッシュをがんがん焚いて撮影する人がいるのでしょうか。

ボート乗り場は暗いので、行き先はまったく見えませんが、ボートに乗るときに川の水の色は見えました。それはお世辞にも綺麗とは言えない黄土色ですけど、それは粘土質の表土が溶け込んだもので人工的な汚染によるものではありません。

ボートには4人乗りでエンジンはありません。蛍の保護のためでしょう。船頭が長い櫂を使ってボートを操ります。浅瀬では川底を突付き、深くなると日本の舟のように櫂を扱っています。ボートは音も立てずに上流に向かいました。

周囲はマングローブ林のようです。星空以外は真っ暗なのでよく見えません。人家の明かりすらありません。やがて目が闇に慣れてくると、不思議な光景が目に入って来ました。マングローブ林の中でボヤーっと光っている木が見えて来たのです。

接近するとそれは電飾されたクリスマス・ツリーのようにも見えました。船頭がマレイシア語で解説をしてくれました。同行のマレイシア人によると、蛍は特定の木だけにつくということでした。船頭はいくつかあるうちの一つのクリスマス・ツリーに接近しました。ほとんどボート全体が木の枝の下に入ってしまうほど接近してくれたのです。

そこに見えたのはまるで宇宙です。点滅の周期が早く、動きも機敏なマレイシア蛍が頭上に無数に見えるのです。星が星を追いかけているようにも見えます。私がそっと手を差し出すと、そこに小さくてまったく質量を感じさせない蛍がとまりました。

体の大きさは2mmくらいです。とにかく小さく、そしてその体に似合わずとても明るいのです。まるで手の平全体を照らしているようにも思えるくらいの明るさをもっていました。光は少し黄緑色をしているように感じられました。一緒にいたお客さんやマレイシア人の歓声、そして溜め息が漏れて来ました。

ボートはさらにいくつかの木に突っ込み、蛍の美しさを堪能させてくれました。ここを見るためだけにマレイシアを訪問しても十分価値があると思います。お客さんは、大変感動したようで、何度もお礼を言ってくれました。
[PR]

by elderman | 2006-08-05 10:15 | Comments(4)
Commented by ショコポチ at 2006-08-05 12:54 x
TVのディスカバリー番組で時々見るアレですね!
あれをライブで見られるなんて、なんて、羨ましい…
うちの娘の憧れなんです。(あと、ボルネオ島のカメムシが見たいらしい…?)
日本の蛍すら見たことのない私には、ただただ溜息です。
こういう風景を見てしまうと、きっと、すごく謙虚な気持ちになれる気がします。
Commented by elderman at 2006-08-05 13:28
ショコポチさん、こんにちは。^^
なるほど日本のTV番組で紹介されていましたか、目ざといものねぇ。
クラルンプールに旅行で行く機会は少ないかも知れませんが、シンガポール、ペナン島との組み合わせのツアーなら、クアラルンプールに滞在するものがあるかも知れません。夕方から夜まで時間は掛かりますが、是非実物をご覧いただきたいと思います。日本の蛍はちょっと動きも点滅も鈍いのですが、マレイシアのものは小さくて明るくて本当に綺麗です。心が洗われたような気分になれますね。^^
Commented by あじゅるえずめ at 2006-08-05 13:41 x
満天の星空とクリスマスツリーのように輝く蛍!
見てみたいなぁ。
私も日本の蛍、見た事ないです…
Commented by elderman at 2006-08-05 13:44
あじゅるえずめさん、こんにちは。^^
ありり、そうなんですか。日本では蛍を見ることが難しくなっているのですかぁ。
まずは、日本の蛍をご覧になってくださいな。こちらの記事とはちょっと雰囲気は違いますが、それはそれで楽しめることと思います。


<< バリ島(4)お葬式      マクロレンズの世界(163)オ... >>