えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 24日

パサルガダエ(4)謁見の間

ペルセポリスにもあった謁見の間ですが、こちらのものは少し規模が小さくて約2,500平方メートルの広さだそうです。13mの高さの石柱8本で支えられたこの建物は立派なものだったことでしょう。敷地内にはこれより低い多数の石柱の跡が残っています。
e0031500_91312.jpg

e0031500_9131094.jpg

(どうやって使っていたのでしょう。)
e0031500_9145411.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-24 09:13 | Comments(2)
Commented by あじゅるえずめ at 2006-07-24 19:49 x
あ!ここは見覚えがあります。
一番下の写真の石の間に入った覚えが…
Commented by elderman at 2006-07-24 20:14
あじゅるえずめさん、こんばんは。^^
へぇ、それはよかった。記憶が甦りましたか。^^
ん?、この隙間に入ったのぉ?遺跡は大事にしましょう。^^


<< ゴルフ復活手記(5)      近所の花24(日本)ハルシャギク >>