えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 22日

パサルガダエ(2)ソロモンの牢獄

14mもの高さのある石造りの建築物ですが、ソロモンの牢獄と呼ばれるゾロアスター教の神殿があります。この建物については様々な説があるようで、キュロス大王の息子のカンビュセスの墓だという説、拝火教の寺院という説、宝物館という説などなどです。ソロモンの牢獄という名前はイスラム時代に入ってから名付けられたもののようです。

写真で見ても、その用途がよく分かりませんね。昔は直方体の建物だったようで、29の階段で上まで上がって行くことができたようです。謎だらけの建築物と言えるでしょう。
e0031500_7165665.jpg

e0031500_717421.jpg

e0031500_717136.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-22 07:17 | Comments(4)
Commented by ひよこ.com at 2006-07-22 16:21 x
ちは!
修復中・・・なのかな?
こんななんもないとこで作業してたら暑そうだなあー
Commented by elderman at 2006-07-22 16:34
ひよこ.comさん、こんにちは。^^
修復中ではありますね。ただ、いつまでかかるかは分かりません。(苦笑)
夏はちょっと大変でしょうね。ま、いつかは終わるでしょ。^^
Commented by あじゅるえずめ at 2006-07-22 18:22 x
えるだまさん、こんばんは。
パサルガタエに行きましたがこれを見た記憶全くないです…
忘れちゃったのかな~、見なかったのかな~?
キュロス大王の墓、何もないだだっ広い場所にポツンと立っているという記憶が…
Commented by elderman at 2006-07-22 19:33
あじゅるえずめ さん、こんばんは。^^
ありり、見ているはずですけどねぇ・・・・ (汗)
あんまり見るものがないから、行っていると思いますよ。
トイレのことでも考えていたのかな。(笑)


<< 腕時計      ゴルフ復活手記(3) >>