えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 06日

イランの思い出(25)植物の勉強2

植物の勉強を急に始めようとしても、独力ではあまりにも困難です。科の分類すら馴染みがないし、花の色で調べても探しているものと同じ花にたどり着くのは運でしかありません。そうなると、身近にいる人で植物に詳しい人が貴重です。ラッキーだったのは、私のカウンターパート(仕事を一緒にする人)が植物に強いということでした。最初の基本的な知識は彼から教えてもらいました。

(カウンターパートと秘書のアツーサ)
e0031500_11422216.jpg

秘書のアツーサは植物の名前が掲載されている辞書を持って通訳に懸命です。カウンターパートはペルシャ語で名前を教えてくれますから、翻訳しないことには分かりません。カウンターパートに本格的な自然公園を案内してもらったこともいい思い出です。

(ラール自然公園にて)
e0031500_11424214.jpg

ラール自然公園は、テヘランにある国立公園の比ではありません。標高が3000mもあるためさまざまな高山植物などを楽しむことができます。未だに名前の分からない高山植物の写真がたくさん残ってます。イランで買った巨大な植物図鑑(4万種以上掲載)を見て名前を探したいと思っています。

(ナーセリーにて)
e0031500_1143023.jpg

職場の近くにあるナーセリー(園芸植物の養生所)にも研究者がいたので、花の名前を教えてもらいました。研究者は学名を知っているので助かりました。こちらのナーセリーではテヘラン市内にある公園に園芸植物を供給していました。残念ながら2004年にこの施設は廃止されてしまいました。

(メラット公園にて)
e0031500_11431970.jpg

植物学を専攻した女性にも教えてもらうことができました。写真は、彼女とアツーサとでメラット公園に行ったときのものです。やはり本物を見ながら勉強することが大事ですね。

私の職場は3年後に本庁に移りましたが、本庁には植物学のPhDの女性がいて、イランにある植物ならすべて分かるという方でした。植物の名前が分からないものの写真を見てもらうために、自分のPCを持参して教えてもらいました。

お世話になったので、私は標本植物を分類するためのプログラムを作ってあげました。これまで彼女の部下が手作業で分類していたのですが、プログラムではボタン一つであとは自動で分類をしてしまいます。いくら専門の人でも1000種類もある分類表から探し出すという作業は大変です。少しだけお返しができたことは嬉しかったものです。
[PR]

by elderman | 2006-07-06 11:43 | Comments(10)
Commented by atousa100@hotma at 2006-07-06 15:44 x
I really pleased when I sow these photos, I remembered joyful time especially we found new species. As matter of fact I didn’t know any thing about plant but now I am quite different person. I really enjoy from the nature and I take care about my environment. Thank you so much Mr. Shirai
Commented by elderman at 2006-07-06 15:58
Hi Atousa! How have you been?
I am quite surprised to know you understand Japanese writing! How do you know Japanese sentences? w
I see. Did you use automatic translation system?
Anyway I wrote that we started studying plants and now we are enjoying a lot. Thank you very much for your efforts.
Commented by atousa100@hotma at 2006-07-06 16:53 x
Hi, all the time after I visited your Blog I use automatic translation to know what you wrote, for me it is really interesting
Commented by elderman at 2006-07-06 17:04
Hi, Atousa! I see. ^^
This articles are the memories of Iran. I don't know the quality of the automatic translation. I hope we can share the good experiences.
Commented by at 2006-07-06 20:34 x
I`m very happy to read from atousa`s coment.
She is beautiful ,kind end so smart.
イランではとても良い環境で、沢山の写真を集められたんですね。羨ましい。そして分類プログラム・・・・素晴らしい・・・・。
35年前、大きなコンピューターで、プログラミング・・・・でしたねえ。
アテーサさん、・・・・素敵ですね。割り込んでごめんなさい。
Commented by elderman at 2006-07-06 20:58
華さん、こんばんは。^^
お騒がせしてすいません。イランで私のブログを見てくれているアツーサに感謝です。^^
Commented by Mook at 2006-07-06 21:15 x
Good Job Atsusa!
Commented by elderman at 2006-07-06 22:18
^^
Commented by mintogreen at 2006-07-07 00:46
えるだまさん、こんばんは。
アツーサから、コメントが届いたんですね~。^^
懐かしい、アツーサ。
会って見たいな~。
日本には、来られないのかな?
本当に素晴らしい方々と出会えたんですね。
そして、植物の分類までなさって、素晴らしい。
えるだまさんと、えるだまさんの仲間たちの情熱を拝見させて頂きました。^^
Commented by elderman at 2006-07-07 05:44
mintogreenさん、おはようございます。^^
そうですね、今でも私のブログを見ていてくれるのは嬉しいですね。
へなちょこ自動翻訳でも、「ないよりマシ」みたいです。^^
アツーサが日本に・・・ですか。お子さんが大きくなったら来られるかな。
そのときには盛大に歓迎会でもやりましょう。^^
4年以上も過ごしたイランですが、こうやって思い出を振り返ると、いろいろやっていたものです。^^


<< マクロレンズの世界(148)ノ...      花名検索用「青い花」 >>