えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 01日

イランの思い出(20)カスピ海

地図上で見るとテヘランから近いカスピ海ですが、そこに行くには3000m級のアルボルズ山脈を越えなければなりません。それでも一番近いところまで3時間くらいで行けますから、日帰りは十分可能です。次男坊がイランに来たときをチャンスと思い、カスピ海を見に出掛けました。

この時の様子はこちらのブログにアップしたことがあるので、まずはそちらをご覧いただきたいと思います。

「カスピ海方面(1)イラン」 はこちらです。

「カスピ海方面(2)イラン」 はこちらです。

次男坊と一緒に行ったカスピ海方面ですが、宿泊地はラムサールにしました。実は、ラムサールという名前は、ラムサール条約という名称から知ってはいましたが、それがイランにあるとは夢にも思っていませんでした。ラムサール条約の正式名称は、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」という長い名前です。

ともあれ、有名なラムサールがこのカスピ海周辺地域にあるということを知り、是非とも行ってみたくなったのです。動機は極めてミーハー的なものです。下調べもろくろくしてないし、予定のない旅行だったので自由度は高いのですが、予備勉強をしてないのは怠慢ですね。

ラムサールに着いても特別な変化は感じられませんでしたが、朝には湿地帯のツアーが用意されているとのことでした。この時は時間がなかったので体験できませんでしたが、また行ってみたいところです。

ラムサールホテルという名門ホテルに到着し、予約を入れていないにもかかわらず、宿泊の手配をしました。このホテルには休館と新館があります。日本人の私は、古くても格調高い休館に宿泊してみたくなりました。レセプションで尋ねるとあっさり了承されました。部屋を見せてほしいと言って休館を案内してもらいましたが、宿泊客がゼロのようで、どこでも照明のスイッチを探さなければなりませんでした。

結局、ラムサールホテルのラムサールという名前を付けられた部屋に決めました。一番いい部屋です。それでもベッドが3つあるので、次男、運転手と3人で宿泊するのには決して高い料金ではありません。まるで王族になったような気分でホテル一番のスイートルームを楽しんだのでした。もっとも家具など相当傷んでいていましたけどね。
e0031500_10162039.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-01 10:12 | Comments(2)
Commented by mintogreen at 2006-07-02 01:05
う~む、この扉のむこう側には、王族の気分に浸れる部屋があるのですね。
mintoだったら、天蓋付きのベッドがいいな~。
真っ白のレースの・・・お~と、また妄想が始まるとこだった。
あぶないあぶない!
Commented by elderman at 2006-07-02 01:12
mintogreenさん、王族ですか。^^
時代がかっているのでどうかなぁ・・・ 雰囲気は味わえるけど、ヨレヨレでした。(笑) ジャックが泊まるなら似合うかな。^^


<< 佐倉城址公園にて      八丈島の花(22)クレロデンドルム >>