えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 29日

★えるだま科別植物図鑑のご案内★

現在、180科1,680種を収録しております。参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。M-flower5さん、mintogreenさん、nekocchiさん、MAKIANDさんには画像提供にご協力をいただいております。この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

「あ行」
「アオイ科(24種)」 「アカザ科(3種)」 「アカテツ科(2種)」 「アカネ科(27種)」 「アカバナ科(10種)」 「アケビ科(2種)」 「アジサイ科(13種)」 「アブラナ科(23種)」 「アマ科(1種)」 「アヤメ科(21種)」 「イイギリ科(1種)」 「イグサ科(1種)」 「イソマツ科(4種)」 「イチイ科(1種)」 「イチョウ科(1種)」 「イネ科(21種)」  「イノモトソウ科(1種)」 「イラクサ科(5種)」 「イワウメ科(1種)」 「イワタバコ科(9種)」 「ウコギ科(12種)」 「ウツボカズラ科(2種)」 「ウマノスズクサ科(3種)」 「ウラボシ科(2種)」 「ウリ科(11種)」 「ウルシ科(6種)」 「エゴノキ科(1種)」 「オオバコ科(4種)」 「オオホザキアヤメ科(3種)」 「オクナ科(1種)」 「オシダ科(4種)」 「オシロイバナ科(3種)」 「オトギリソウ科(6種)」 「オミナエシ科(3種)」 「オモダカ科(1種)」
「か行」
「カエデ科(3種)」 「ガガイモ科(15種)」 「カキノキ科(2種)」 「カタバミ科(13種)」 「カツラ科(1種)」 「カバノキ科(6種)」 「ガマ科(2種)」 「カヤツリグサ科(5種)」 「カンナ科(2種)」 「キキョウ科(14種)」 「キク科(上)(67種)」 「キク科(下)(63種)」 「キツネノマゴ科(32種)」 「キブシ科(1種)」 「キョウチクトウ科(24種)」 「ギョリュウ科(1種)」 「キントラノオ科(4種)」 「キンバイザサ科(1種)」 「キンポウゲ科(33種)」 「クサトベラ科(4種)」 「クズウコン科(6種)」 「クスノキ科(4種)」 「クマツヅラ科(30種)」 「グミ科(1種)」 「クロウメモドキ科(1種)」 「クワ科(14種)」 「ケシ科(12種)」 「コショウ科(4種)」 「ゴマノハグサ科(29種)」
「さ行」
「サガリバナ科(2種)」 「サクラソウ科(16種)」 「ザクロ科(1種)」 「サトイモ科(24種)」 「サボテン科(9種)」 「サラセニア科(3種)」 「シキミ科(1種)」 「シクンシ科2種)」 「シソ科(60種)」 「シナノキ科(2種)」 「ジャケツイバラ科(8種)」 「シュウカイドウ科(7種)」 「ショウガ科(11種)」 「シラネアオイ科(1種)」 「ジンチョウゲ科(4種)」 「スイカズラ科(17種)」 「スイレン科(4種)」 「スズカケノキ科(1種)」 「スベリヒユ科(8種)」 「スミレ科(8種)」 「セリ科(11種)」 「センダン科(4種)」 「センリョウ科(3種)」 「ソテツ科(1種)」
「た行」
「タコノキ科(3種)」 「タデ科(18種)」 「タヌキモ科(3種)」 「ダビディア科(1種)」 「チャセンシダ科(2種)」 「ツゲ科(2種)」 「ツツジ科(18種)」 「ツバキ科(9種)」 「ツユクサ科(12種)」 「ツリフネソウ科(4種)」 「ツルシダ科(3種)」 「ツルナ科(4種)」 「ツルネラ科(3種)」 「ツルムラサキ科(1種)」 「トウダイグサ科(39種)」 「トクサ科(1種)」 「ドクダミ科(2種)」 「トケイソウ科(1種)」 「トチノキ科(2種)」 「トベラ科(2種)」
「な行」
「ナス科(29種)」 「ナデシコ科(20種)」 「ナンヨウスギ科(1種)」 「ニガキ科(1種)」 「ニシキギ科(4種)」 「ニレ科(1種)」 「ネムノキ科(5種)」 「ノウゼンカズラ科(14種)」 「ノウゼンハレン科(1種)」 「ノボタン科(7種)」
「は行」
「パイナップル科(19種)」 「ハエドクソウ科(1種)」 「バショウ科(9種)」 「ハス科(1種)」 「ハゼリソウ科(1種)」 「ハナシノブ科(3種)」 「パパイア科(1種)」 「ハマザクロ科(1種)」 「ハマビシ科(2種)」 「バラ科(60種)」 「パンヤ科2種)」 「バンレイシ科(5種)」 「ヒガンバナ科(30種)」 「ヒノキ科(5種)」 「ビブリス科(1種)」 「ヒメハギ科(2種)」 「ヒユ科(9種)」 「ヒルガオ科(16種)」 「ヒルギ科(5種)」 「ビワモドキ科(2種)」 「フウチョウソウ科(3種)」 「フウロソウ科(14種)」 「フジウツギ科(1種)」 「フドウ科(4種)」 「フトモモ科(11種)」 「ブナ科(2種)」 「ヘゴ科(1種)」 「ベニノキ科(1種)」 「ヘモドルム科(2種)」 「ベンケイソウ科(27種)」 「ホウライシダ科(1種)」 「ボタン科(3種)」
「ま行」
「マタタビ科(1種)」 「マツ科(3種)」 「マツムシソウ科(4種)」 「マメ科62種)」 「マンサク科(6種)」 「ミカン科(14種)」 「ミズアオイ科(2種)」 「ミズキ科(6種)」 「ミソハギ科(9種)」 「ミツガシワ科(1種)」 「ミツバウツギ科(2種)」 「ムクロジ科(5種)」 「ムラサキ科(11種)」 「メギ科(6種)」 「モウセンゴケ科(2種)」 「モクセイ科(18種)」 「モクレン科(10種)」 「モチノキ科(5種)」
「や行」
「ヤシ科(20種)」 「ヤナギ科(4種)」 「ヤブコウジ科(3種)」 「ヤマゴボウ科(2種)」 「ヤマノイモ科(2種)」 「ヤマモガシ科(4種)」 「ユキノシタ科(9種)」 「ユリ科(82種)」
「ら行」
「ラン科(78種)」 「リュウゼツラン科(10種)」 「リンドウ科(4種)」 「ロウバイ科(2種)」

まだまだ多くありませんが、少しづつ増やしていくつもりです。気長にやって行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。みなさまの参考になれば幸いです。^^
e0031500_15474213.gif

[PR]

by elderman | 2006-06-29 13:40 | 植物図鑑案内【1,680種】 | Comments(8)
Commented by Mook at 2006-06-29 21:08 x
凄すぎる~~

              マメ~
              かつ、緻密~
Commented by elderman at 2006-06-29 21:37
Mookさん、こんばんは。^^
ありがとうございます。でも、まだまだこれからです。気長にやって行きます。^^
Commented by mintogreen at 2006-06-29 22:41
えるだまさん、こんばんは。
うわ~、凄い! これなら、分かりやすいし探しやすくていいな~。
楽しみ~。^^

Commented by elderman at 2006-06-29 22:43
mintogreenさん、こんばんは。^^
mintogreenさんの撮影された画像がどんどん増えていますね。南海の小島にお住まいだから、アドバンテージですねぇ。羨ましいなぁ。^^
引き続き、新種の画像提供、よろしくお願いいたします。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-07-01 20:30 x
楽しそう!
Commented by elderman at 2006-07-01 20:38
猫姫さん、こんばんは。^^
いろいろやっております。なんとか1000種類に近づいて来ました。
次は色別に花を集めてみようかなどと考えています。^^
Commented by Tsukamotomaru at 2007-01-24 08:13
はじめまして、偶然、すばらしい植物図鑑にたどり着きました。
花のことをいろいろと知りたいので、さっそくリンクさせていただきました。
どうぞよろしく。  (^o^)丿
Commented by elderman at 2007-01-24 08:16
Tsukamotomaruさん、ようこそお越しくださいました。^^
植物図鑑、お役に立てれば幸いです。まだまだですが、ライフワークとしてコレクションを増やして行きたいと思っています。
リンク、ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。


<< 八丈島の花(21)ペンタス      佐倉城址公園のアヤメ >>