えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 18日

南房総に行ってきました。

南房総は臨海学校などで有名なところです。岩井海岸、富浦海岸などがあります。私が海水浴に行ったのは、もうかれこれ40年前になるでしょうか、久し振りでした。千葉県の海際の町はどこも似たような細い道路やそれに沿った商店街があり、その雰囲気に変わりはありませんでした。

変わった点は、「道の駅」という大きなサービスエリアがあり、レストラン、お土産、花などが売られる施設が登場していたことです。「道の駅」という意味不明の名称、不思議に思いましたが、サービスエリアと言ってしまえばそれまでのことでしょう。

(南房総の雰囲気)
e0031500_9929100.jpg

(岩井神社)
e0031500_993943.jpg

[PR]

by elderman | 2006-06-18 09:09 | Comments(4)
Commented by mintogreen at 2006-06-19 00:54
緑が鬱蒼と生い茂っている道、好きだな~。^^
「道の駅」・・・。
考えてみると、なるほどな~だけど、もっと考えるとやっぱり、おかしいですね。^^
線路はないし、電車も通ってない訳だし・・・。  ぶつぶつ・・・。
Commented by elderman at 2006-06-19 03:03
mintogreenさん、緑はいいですね。^^
八丈島だって緑が豊かな島でしょうに・・・ あ、一部は溶岩でしたか。
なんだろうって考えさせれば、それだけで成功なのでしょ。^^
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-06-21 13:25 x
道の駅、大好き!
最近、なんか、急増しているようで、
温泉があったり、植物園があったり、野菜とかの市が立ったり、
レストランがすごかったり、遊園地があったり、、、
近くの人たちのレジャー施設化しているところも多いです。
あたしはだいたい、見つけたら、寄ってみます。
Commented by elderman at 2006-06-21 13:43
猫姫さん、こんにちは。^^
ははぁ、道の駅というのは全国共通の言葉でしたか。浦島太郎の私には目新しい言葉でした。地域の特色がいかされたレジャー施設になっているのですか、それはいいですね。みつけたら寄ることにしましょう。^^


<< 南房総の花      熱帯の花(3)メディニラ・マグ... >>