えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 17日

浦島太郎の雑記(19)安かろう悪かろう

昔から、「安かろう悪かろう」なんて言い方がありますが、昨今の日本の情勢を見ていると、安ければいいというような姿勢がこれまでよりも一層強く表れているような気がします。民間の場合、経費の節約は利益につながるということもあるし、経費をできるだけ安くできれば、他との競争力も強まるでしょう。

シンドラー社製のエレベータのメンテナンスを、独立系のメンテナンス会社に発注しているというのもこういう目的なのでしょう。だからと言って、私は、メーカーであるシンドラー社がメンテナンスをやればいいというような意見を持っている訳ではありません。言いたいことは、メンテナンス代を安くしたことによって一番大事な安全性が犠牲になってしまったということです。

役所や独立法人もそうです。入札という制度でとにかく安い業者に発注するということがどんどん行われています。技術水準を評価した上で、指名競争入札という制度で運用されているということもあるでしょうが、一部の手抜きまで厳しく監視することは難しそうです。結果が多少悪くても、問題が起きなければ指名停止になることはまずないでしょう。

私たちが買い物をするとき、果たして一番安いものを買うでしょうか。野菜の高値が続いていますが、それでも野菜の質を無視して一番安いものを買いますかねぇ。買う量を減らすか、あるいは買わないで代替品を探すという方がいいと思います。それでも、献立によっては絶対必要という材料もありますね。

役所の入札では談合問題が後を絶ちません。これは入札制度の持つ宿命みたいなものに思えてしまいます。参加各社が公正に競争してしまうと、利益を犠牲にしなければならない、それなら受注会社を順番に回して受注会社を決めてしまおうという対抗策を講ずることになるのでしょう。

また、受注実績をとりたい業者はダンピングに近い値引きをするかも知れません。そうなれば、競争相手は仕事にあぶれてしまいます。そこで、発注者側も最低価格を設けるという解決策を講じています。この最低価格、役所の仕事がガラス張りの今日、誰でも計算方法を知ることはできるでしょうし、年度予算の金額まで知ることができます。

価格と質、この問題は究極的な解決方法は未だにないと思います。適正価格、適正利潤というものを誰かが公正に決めることができればいいのでしょうが、そんなことはほとんど不可能でしょう。そして、価格を落とせばより重要なものが損なわれるし、談合という不正行為が行われ、必要以上の予算が使われれば、血税の無駄遣いということになります。

現在、安ければいいという方向に動いているように見えます。安全性の確保、災害の防止、質の高い成果、これらが損なわれることがなければいいのですが、あちらこちらで破綻が現れて来ているように思われます。
e0031500_19162889.jpg

[PR]

by elderman | 2006-06-17 09:11


<< 熱帯の花(3)メディニラ・マグ...      八丈島の花(13)アルストロメリア >>