えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 15日

浦島太郎の雑記(17)ワールドカップ

このところサッカー・ワールドカップ出場の日本チームへの熱い応援が続いていますね。日本人の愛国心が薄いなんて誰が言い出したのでしょうか、ワールドカップでは愛国心を煽るという効果もありそうです。そして、テレビなどの解説やアナウンサーの発言を聞いていると、日本人の全員が日本チームの勝利を信じているという言い方です。

日本人が一斉に同じ方向を向くというのは、今も昔も変わらないような気がします。ドイツ人は自国のチームに辛い採点をしつつも、心では勝ってほしいと強く願っていると聞きました。日本では、解説者も含め、そのような発言は禁句のようで、日本の勝利を信じていますと表明しているのには苦笑してしまいます。解説者が、日本チームが勝てればいいなんて発言でもしたりしたら、それこそテレビ局から追放されてしまいそうです。

スポーツでは、国の代表とか、地域の代表というと、その応援にも熱が入ります。愛国心の鼓舞にはいい機会のように思えます。ナショナリズムにもつながりそうな話ですが、アジア対ヨーロッパなんていう代表チームの対戦が実現したら、やっぱり地域の人々は熱を入れて応援することでしょう。
イスラム教国とキリスト教国の代表チームなんて対戦は危なくてしょうがないでしょうけど、クリンゴン代表チームと地球代表チームとで対戦があったら、人類は戦争なんてしていないで一丸となって応援しそうです。こうなると愛国心というよりも、仲間意識ということになるのでしょうか。サッカーの応援と愛国心とは必ずしも一致しないのかも知れません。

それにしても、ワールドカップでスーパープレーヤーのスーパープレイを見ると感動しますね。マークがきつくて実力を見せられないプレーヤーは気の毒ですが、それでも一流の選手は存在感のあるプレーを披露してくれています。パスやシュートの正確さには驚かされてしまいます。

私は、時速140kmとも言われるあの強烈なボールを体に当てても平気な選手たちの様子を不思議だと思っていましたが、昨日の試合では顔面でボールを受けてしまった選手がいました。さすがに痛そうにしていましたが、首をブルブルっと振っただけで戦列に戻って行きました。かなり痛いと思うのですが、痛みを忘れるほどの精神力なのでしょうか。ペナルティキックの壁にだけはなりたくないなぁ・・・(汗)

私は、日本チームの場合を除いて、12時を過ぎて行われる深夜の試合まではお付き合いできませんが、10時開始の試合を楽しんでいます。試合の興奮のせいでしょう、すぐに眠れないのが問題です。私の場合、実生活に支障はありませんが、サラリーマンの方々は大変でしょうねぇ。
e0031500_9593257.gif

[PR]

by elderman | 2006-06-15 10:00 | Comments(8)
Commented by japonikk-la at 2006-06-15 10:21
私は逆にアメリカ人は日頃愛国心の強さを自慢する割にサッカーに関してはアメリカを代表して戦っている選手達に無関心でどうしちゃったのって思いました。戦争じゃあなきゃあ駄目なの!?ってね。
Commented by elderman at 2006-06-15 10:29
japonikk-laさん、こんばんは。^^
米国でのサッカーに対する関心は低いようですね。複合民族国家の米国でどうして人気がないのでしょうかね。ヨーロッパではサッカーは盛んですから、アングロサクソンやゲルマンという民族の問題ではなさそうです。となると、ここ数世紀の動向と言えるのかも知れませんね。なんでも一流でないと問題にしないという気質なのかな。そうだとしたら、一回でも優勝でもしたら変わるのかも知れませんね。
Commented by ショコポチ at 2006-06-15 22:36 x
本当に、公共の電波で「日本ダメだよ」なんて言ったら抹殺されそうな勢いです(苦笑)
応援することと妄信することは違うと思うんですけどねえ…
Commented by elderman at 2006-06-15 22:39
ショコポチさん、こんばんは。^^
そうでしょ、日本らしいですね。客観的な評価と応援とは違ってもいいと思うのですが、どうもそうはいかないようで。(苦笑)
Commented by tad-blog at 2006-06-16 05:20
他の国に比べれば日本人の愛国心なんてあっさりしてるんじゃないでしょうか。
こっちは更に時間帯が悪く、AM2:00からの放送になるので寝ました。
ところでこっちのニュースでちらっと見たのですが、日本戦でゴールを決めたオーストラリア選手の一人は
どうもサモア系らしいです。厳重に対処しておきます。
Commented by elderman at 2006-06-16 08:08
tad-blogさん、なるほど。
あっさりと言えば、あっさりかな。反対に強い愛国心というのは情熱的ってことなのかな。午前2時の放送というのは、かなり辛いですね。
オーストラリア戦では、レフリーの審判に疑問点があり、すっきりしませんが、ま、人間のやることですからしょうがないかな。
Commented by at 2006-06-16 20:55 x
サッカーと愛国心・・・。関係有りますか????まあ、負けるよりは勝って欲しいですが・・・・。日本のサッカー飽食の象徴みたい・・・。もっとハングリーでないと・・・・。お坊ちゃま的ですよね・・・・。素人のほざきですが・・・。
Commented by elderman at 2006-06-16 21:21
華さん、どうでしょうねぇ。
ナチスがサッカーを愛国心の鼓舞に利用したという話は有名ですけど、どこまで効果があるのかなぁ。日本人は日常のストレスの発散かな。(笑)


<< 熱帯の花(1)オオバナアリアケカズラ      八丈島の花(11)パンジー >>