えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 01日

煉瓦工場の煙突(イラン)

地上からニョキニョキ伸びているのは煉瓦工場の煙突です。よく見ると青空と淀んだ空気の境目が分かると思いますが、煉瓦工場も大気汚染の発生源です。テヘランの大気汚染がひどいため、煉瓦工場は燃料を重油から天然ガスに切り替えています。

その煉瓦工場の本体、つまり焼成炉は地面より低いところにあるので見えないのです。ちゃんと5mくらいの高さの工業用の炉があります。表土がそのまま煉瓦の原材料になるので、一旦掘り下げたら、そこに焼成炉を作った方が作業がし易いということです。
e0031500_4292992.jpg

e0031500_11575143.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-01 04:30 | Comments(4)
Commented by dada at 2005-08-01 05:20 x
えーと地下で作業されているんでしょうか?(p_-)
Commented by 猫姫 at 2005-08-01 11:32 x
いわゆる、お化け煙突、ってヤツね。
Commented by elderman at 2005-08-01 11:58
dadaさん、こんにちは。^^
では、見えない部分をお見せしましょう。写真を追加しておきました。^^
Commented by elderman at 2005-08-01 12:00
猫姫さん、こんにちは。^^
東京の方では、昔4本の煙突が、2本や3本に見えたりするやつをお化け煙突って言っていましたね。
この煙突もある種のお化け煙突でしょうね。^^


<< イランの夏の花(14)オーレア      ドバイのゴールドスーク(アラブ... >>