えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 13日

浦島太郎の雑記(15)飽食の時代

食事を用意する毎日を続けていますが、実感するのが飽食の時代であるということです。私が学生時代の頃はまだ日本が貧しかった時代なのでしょう。当時食べたものを思い出しながら、買い物をしてくると息子たちが見向きもしません。「食べたいものは?」と訊くと、「特に食べたいものはない」と言います。

魚:
魚の干物や煮付け、どうも人気がないようです。刺身や焼き魚はいいのですが、どうしてなんでしょうねぇ。いろいろ美味しいものがあると、たいして美味しくないと感じるのでしょうか。私は、昔ながらのメザシなんて食べてみたくなりますけどねぇ。

佃煮:
昔は、ご飯を食べることに重きがおかれていたようで、佃煮はご飯をたくさん食べるのに向いたおかずだと思います。昆布の佃煮、これも美味しいというものじゃないのかなぁ。我が家では甘辛煮に人気がないので、ちょっと特殊なケースでしょうか。

天ぷら:
我が家では天ぷらには人気がありません。これは嫌いということではなくて、多分外食が多いので、揚げ物にうんざりしているということなのでしょう。家で天ぷらをやったりすれば美味しいのですけどねぇ。

フライ:
コロッケ、トンカツなどの揚げ物も天ぷら以上に人気がありません。これも外食のせいなのでしょう。何もなければ食べるというくらいな順位に甘んじているようです。これも家で作れば美味しいのですが、たくさんは食べたくないということで買って来ることになります。揚げたてを食べることは難しいところです。

焼肉:
昔は肉料理は贅沢なものでしたが、今では韓国焼肉など外食した方が美味しいので、家でやってもそれほど美味しいという顔をされません。オージービーフは不味いなんて言われるので、国産牛肉を買いますが、高いですねぇ。(汗) 

チョコレート:
昔は高価で贅沢品でしたが、普通のチョコレートだと見向きもされません。甘いチョコレートが好まれないのかと思い、甘さを抑えた○○製菓のブラックというのを買って来たのですが、まだ誰も手を伸ばしていません。

お饅頭:
吹雪まんじゅうという温泉饅頭のようなものを買って来ましたが、これも誰も食べないようです。和菓子は最近リバイバルという感じですが、我が家ではいまいち人気がありません。

では、反対に飽きられない料理というものも考えてみましょう。

飽きられない食品:
いつまでも飽きられない食品というものもありますね。我が家では、納豆、豆腐、明太子かな、これは常備しています。^^

飽きられない料理:
筆頭はカレーかな、毎週という訳にはいきませんが、月に2回くらいの頻度でも大丈夫そうです。もっともインド人は毎日カレーを食べていますけどね。野菜炒めも飽きられない料理のようですが、これは健康のために食べているのかな。

お刺身は、週に一回の頻度でも大丈夫そうです。さすがに日本人というところでしょうか。

和牛でステーキをやれば喜ばれますが、なにしろ高いですから、月に一回かな。息子たちに用意してあげて、私は懐かしい食材を楽しむことにします。

タイ料理など、エスニックな料理を用意すれば喜ばれますが、珍しいという理由からでしょう。頻度を上げる訳にはいきません。外食が美味しい日本です、煮物が好まれない食生活では、いったい何を用意すればいいのでしょうね。イランように、毎日、ケバブにしてみるか。(笑)
e0031500_12135350.gif

[PR]

by elderman | 2006-06-13 12:12


<< クジャクサボテンが咲きました。^^      自宅の庭の花(日本) >>