えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 07日

カランコエ・ピナータの生命力

先日、こちらのブログで紹介したカランコエ・ピナータ、ちぎれた葉から新芽が発芽するという話がありました。大阪オフ会のとき、「華」さんからカランコエ・ピナータの実物をいただいたので、輸送中にちぎれた葉を使って実験してみました。家族がまるで理科の実験だと笑っていましたけどね。^^

およそ2週間くらいが経った頃、出てきました、出てきました、新芽です。葉っぱの一枚から発芽して、いずれ大きな植物になるなんて、すごい生命力ですね。今回の実験では、葉っぱを水の中に落としておいただけなんです。
e0031500_8333093.jpg

(葉っぱだけなんですよ。^^)
e0031500_8335032.jpg

[PR]

by elderman | 2006-06-07 08:33 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by madamkase at 2006-06-07 22:09 x
お久し振り、八丈島からお帰りなさい。
私も日・月・火と旅先で、今夜は雑誌社の方々を出迎えに行って、明日はまた別な仕事で旅に出ます。
トルコでもヒコーキ会社が増え、国営トルコ航空の独占でなくなったので運賃もお手ごろ、
調査に行くのにバスで24時間、などという恐ろしいことはなくなりました。老体で24時間は辛いものねえ。

さて、こういう葉っぱ、サボテンの仲間にたくさんありますね。肉厚な植物にありがち。私の家にある再生力旺盛なのはセントポーリアです。葉っぱ1枚埋めておくと、その土に埋まったところから芽が吹いてきて可愛らしい一株になるんですよ。感激です。
Commented by mintogreen at 2006-06-07 22:30
わ、わ、可愛い。^^
なんか、動物君のような、昆虫のような。
元気に育つんだよ~。^^
Commented by elderman at 2006-06-08 06:10
madamkaseさん、おはようございます。^^
相変わらずお忙しいようですね。バスで6時間以上というのはちょっとねぇ。イランの航空運賃が安かったことを思い出しました。
サボテンの仲間にはベンケイソウ科の植物も含まれるでしょう。厳しい環境で育つ植物ですから、その生命力の強さが必要なのでしょうね。
Commented by elderman at 2006-06-08 06:30
mintogreenさん、そうでしょ。^^
昆虫のようにも見えますね。実験は成功でしたが、死なせないように庭に移植しておきましょ。
Commented by at 2006-06-11 00:29 x
ご丁重なお持て成し恐れ入ります・・・。
可愛いでしょ、夫々の突起から芽が出ます。
しかし、可愛いのはそこまでです。
まあ、大木にしてお楽しみください。
なーーーーんだ!!!!!と・・・・思うかな????
Commented by elderman at 2006-06-11 07:45
華さん、おはようございます。^^
小さな花の好きな私は、カランコエ・ピナータの花も好きです。
お陰さまで葉っぱから芽が出てくるという実験をやってみることができました。ありがとうございました。^^


<< 横間ケ浦周辺(八丈島)      八丈島の料理(1) >>