えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 23日

金沢の街並み

金沢に行ったのは20年振りくらいになると思います。前回は出張だったので兼六園だけを見た記憶があります。金沢は思っていたよりもこじんまりした街でした。私が千葉に住んでいるせいか、金沢の人たちの言葉遣いのせいでしょうか、温かく、親切な印象でした。

余所者の私が金沢で日本を感じたと言うのも変ですが、古き良き時代がまだ残っているという感じがしたのだろうと思います。

(浅野川の景色)
e0031500_88689.jpg

(滝の白糸像・・・泉鏡花の作品に登場する水芸人ですね。)
e0031500_882034.jpg

(浅野川の景色)
e0031500_810478.jpg

e0031500_8101414.jpg

(金沢の古い町並み)
e0031500_8104464.jpg

[PR]

by elderman | 2006-05-23 08:11 | Comments(2)
Commented by japonikk-la at 2006-05-23 13:40
金沢には中学の頃家族で出かけて、あと高校の修学旅行で行ったので、なんか懐かしいです。兼六園、忍者屋敷、有名な飴屋さん、能登半島とか、思い出します。それにしても、金沢駅すごく変わっていて立派で驚いてしまいます。あれは新しいのか、まったく覚えてないです。
Commented by elderman at 2006-05-23 14:41
japonikk-laさん、こんにちは。^^
そうでしたか、それなら懐かしいはずですね。金沢駅は新しく建設された感じでした。昔の金沢駅というのはもっと情緒のあるものだったのでしょう。今のものは立派ですけど、どうなんでしょうねぇ。


<< コバノタツナミ(日本)      ベニバナトチノキ(日本) >>