えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 30日

ケルマンシャーのレストラン(イラン)

先日出張したケルマンシャーで昼食を食べたレストランです。ワークショップに参加した人全員が移動してのランチになりました。クルド人が90%というケルマンシャー州ですが、レストランの雰囲気はイランのちょっと高級なレストランとそれほど変わりはないようです。それでも外国人にはエキゾティックな雰囲気がするのではないでしょうか。

イランのレストランのメニューはそれほど豊富ではありません。このレストランも同様で基本的にはケバブ(串に刺した焼肉)が主です。地元の人から勧められたのはラムのスペアリブでした。これはケルマンシャーの名物だと言われましたが、スペアリブを他の地域ではどうやって食べるのでしょうねぇ。まさか捨てることはないし、シチューみたいにして使用するのでしょうか。

ともあれ、スペアリブというのは美味しいものですから、イラン全土にあってもいいメニューだと思うのですが、ケルマンシャーの名物だというので不思議な気がしました。このレストラン、内装が凝っているせいでしょう、食後みんなで記念写真を撮りました。遺跡を模したものが写真の反対側に飾ってあって広いロビーになっているのです。クルド人の民族衣装を着た人形も展示してありました。
e0031500_1710191.jpg

e0031500_17103829.jpg

[PR]

by elderman | 2005-07-30 17:11 | Comments(2)
Commented by rakudano at 2005-08-01 08:09
おや、女性もレストランなどへ入っても大丈夫なんでしょうか?
エルサレムの旧市街のムスリム地区では、レストランもチャイハネも男性ばかり、女性の姿は見たことがないので、イランはどうかなと思っていました。
Commented by elderman at 2005-08-01 11:50
rakudanoさん、おはようございます。^^
イランで女性が入れないところってあるのかなぁ?咄嗟には思いつかないくらいです。
行動面に関しては、かなり男女平等ですけどねぇ・・・ やっぱり女性が行けない場所って思いつきませんねぇ。


<< 1か月前のキセランセマム      人気blogランキングに登録して >>