えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 04日

浦島太郎の雑記(7)万引き

日本人は性善説が好きなようで、そのせいでスーパーマーケットなどでも手荷物を預けるようなことはないようですね。浦島太郎の私にはむしろ違和感があります。タイでもイランでも、スーパーなどに入るときは、紙袋などは所定の場所に預けるのが常識です。もちろん、万引き防止ということが目的なのでしょう。

日本のTV番組を見ていると、スーパーなどのお店がかなり万引きの被害にあっていると報道されています。万引き被害でスーパーが潰れたとかです。犯人の動機は生活苦からではようで、ゲーム感覚なのでしょうか。70代の万引き常習犯もいるようで、現代の道徳や倫理上の問題ではないようです。

考えてみると、スーパーなどは万引きを見込んで、その上で収益を上げているはずですから、万引きそのものは一般の人に対しても影響があるはずです。万引きがなければ、もっと商品の価格を安くできるかも知れませんからね。日本人は監視し合うと書いたことがありますが、昨今は無関心がフツーのようで、そのせいで万引き常習犯が発生するのかも知れません。

周囲の人はまったく無関心、だから万引きはお店との勝負というゲーム感覚になりそうです。窃盗、泥棒というような犯罪を行っているという感覚はないようです。腹切りで有名な日本の倫理も地に落ちたのか、それだけ世の中が荒んでいるのか、浦島太郎にはショックな話です。

手荷物を預けなければいけないということを始めると、店に来てくれる人がいなくなるんじゃないかという心配は日本の経営者にはあるかも知れません。お客様は神様ですという発想は根強いものかも知れませんね。

私は思うのですが、日本でも、スーパーなどでは手荷物は預けるという習慣をつけてもいいんじゃないかな。私は、あらぬ疑いをかけられないように、スーパーやホームセンターに行くときには手ぶら状態にしています。万引き犯なんて疑われたら、不愉快になりますからねぇ。
e0031500_18515136.jpg

[PR]

by elderman | 2006-05-04 18:50 | Comments(8)
Commented by 宇宙和里 at 2006-05-04 21:16 x
こんばんわ^^。そうですね、、、日本はカバンの中、チェックするってことは、ほぼないですね。テルアビブでデパートの入り口で、チェックされた時は、正直、嫌な気分になりました。万引きではなくて、爆弾チェックですよね。 南アフリカでは、店によって違っていました。カバンが大きめだと、入り口で預けるように言われ、女性の小型のハンドバッグ程度なら、中を調べてそのまま持ち込み可でした。万引き・・・動機が何でアレ、70歳っていうのは、悲しいような気もしますね。性善説が好きな日本でも、電車の切符は前払いですね^^。 やっぱり、日本人は、性善説っぽいわりに、コントロールされないと、正直に生きられないのかもしれません・・・。
Commented by elderman at 2006-05-05 06:46
宇宙和里さん、おはようございます。^^
神様であるお客様の持ち物をチェックするなんてことは、日本では難しそうです。万引き被害でお店をたたんでしまったスーパーは気の毒ですが、そういう地域というのも良い環境とは言えないような気がします。
年間100万円くらいの被害のようですから、大きなカバンなど入り口で預けるシステムが導入されてもいいような気がします。万引き防止のためのガードマンを雇うとなると、それが販売価格に反映しちゃうしねぇ。
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2006-05-05 20:01 x
オーストラリアのスーパーは入り口に遊園地の逆行防止のような柵があって、レジを通らないと外へ出られないようになっていました。その上、出口には人がいて、大きなカバンを持っていると中をチェックされるんですよね(拒否もできるらしい)。
アメリカもさぞかし厳しいのかと思ったらこちらはまったくのフリーパスで、日本よりもずっと甘いようです。(地域によりますが)
でもトイレに「万引きはいたずらでもジョークでもない、立派な犯罪である」と張り紙されていたりするところをみるとあるんでしょうけれど。

日本は性善説かと思うとシステム自体は思いっきり人を疑っているのが前提だったりして、本当にえるだまさんのおっしゃる通り、「監視し合う社会」だと思います。
Commented by Mook at 2006-05-05 21:45 x
アメリカでもバッグを預けたり、出口でレシートと品物をチェックするのは
結構普通ですネ
Commented by elderman at 2006-05-05 21:48
TAMAさん、こんにちは。^^
日本は、まだまだ試行錯誤中じゃないかと思いますね。疑われるよりも検査される方が精神衛生上いいかも。
今の日本、監視し合うというのが妙に薄れて無関心というのが出てきて、問題が顕在化しているようにも思えます。
Commented by elderman at 2006-05-05 21:50
Mookさん、こんばんは。^^
なるほど、そこまでやりますか。万引き被害が一般のお客さんの購入価格に反映されているということになれば、そこまでやっても正当な価格を維持しようという気持ちは分かりますね。犯罪はなければ一番いいのですが、どうもそうはいかないようで・・・ 困ったものです。
Commented by my_starry_sky at 2006-05-05 23:49
お客様は神様です、ってのは確かに一理あるのですが、客なんだからっていう態度のお客様は本当に多いですよね。
お金を払いさえすればいいんだろっていう感覚。万引きを咎められても
払いますからと開き直る人の多いこと。
私の仕事でも料金未納が続いて契約解除になって怒ってくる方が多い。
未納であることは事前に知らせてあって、こういうことになることは示唆してあるのにもかかわらずです。しかもそれが法人だったりするので驚き。
サービスを提供する側とされる側の感覚の差を日々感じています。
クレームで夜遅くまで残業して対応してるのに、
「こんな時間までアンタもイヤだろうけど、どうせ残業手当が出るんでしょ、それは会社に言いなさいよね」と絡んできたオバサマ。
私は残業手当が欲しくてあなたの要望にお付き合いしたんではないんですよ・・・。私が受けた以上私が責任を負うべきと思ったからですわ。
って、ここでグチってどうする・・・。汗。
Commented by elderman at 2006-05-06 05:48
my_starry_skyさん、おはようございます。^^
そうですね、サービスする側が、お客様は神様ですと考えることは姿勢としてはいいのでしょうが、客側が同じように考えるとちょっと醜いかな。
神様だから何をしてもいいという考えだとしたら、これは完全に間違いでしょう。
犯罪という感覚が欠如しているのはどうしてでしょうねぇ・・・ 裁判などの判例で犯人の人間性の保護がみられるからか、それとも躾、教育が不十分だからなのか。不満があればなんでもクレームというのもちょっとねぇ。
クレーム処理は、どうせコールセンターでやっているんだからという気持ちもあるかな・・・ 直接メーカーとか販売店が対応したら違うのかな。


<< タイの花(25)ヤエヤマアオキ      シラー・カンパヌラータ(日本) >>