えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 22日

浦島太郎の雑記(3)マナー

帰国して気がつくのは、日本人のマナーの悪さとマナーに対しての厳しさです。一番不思議なことは、前にも書いたことがありますが、電車の中の携帯電話です。私は、そもそも携帯電話を使っていないのでもっぱら観察者です。電車の中での携帯電話の使用が迷惑ということについては分かるような気がしますが、どうして人間同士の会話はよくて、電話を通すと迷惑行為になるのか、この点は釈然としません。

航空会社のエミレーツでは、客席から直接電話ができるようなサービスが提供されています。日本流で言えば迷惑行為になるサービスを提供していることになってしまいますね。ベネルクス三国を旅行しましたが、電車の中で人々は携帯電話を普通に使用していました。もちろん大声で話をするというようなことはしていませんでしたけどね。

飛行機が離陸、着陸するときに携帯電話の電源を切るという行為は、既に世界的に実行されています。ほぼ100%実行されているのではないかと思います。電車なら墜落の恐れはないから電源を切ったりはしないのかな。そう言えば、今回の帰国後、電車に乗って観察していると、親指でピコピコやっている人たちが減ったような気がしています。電車に乗ったら携帯電話を使用しないというコンセンサスが確立されつつあるのでしょうか。

タバコやゴミのポイ捨てについても日本では相当やかましいですね。私はそういう行為そのものよりも、そういうマナー違反について厳しい目が向けられることが気になります。ヨーロッパでは最近、タバコのポイ捨てに対して関心が高まっているようですが、全体的にはまだまだです。一見きれいに見える石畳ですが、そこにはいっぱいタバコの吸殻が捨てられています。

米国では州ごと禁煙にしてしまおうなんて話がありますが、日本でも屋外での喫煙ができない場所が次々に出現していますね。先進国であるベネルクス三国では、レストランの中でも自由に喫煙できました。イランでは、地下にあるレストランでも喫煙できます。もっともヨーロッパでは、タバコは大変高価なので喫煙者は高額納税者というステータスがあるのかも知れません。(笑)

米国の禁煙運動は大変活発ですが、米国というのは世界一のタバコ輸出国じゃないのかなぁ。ま、米国というのは、世界警察のような顔をしながら武器を売っているという国ですから、この点についてはなんの矛盾も感じないのでしょうけどねぇ。

話があちこちに逸れていますが、今回のテーマは、日本では個人個人の自覚でなく、みんなで監視し合うという習慣ができているということです。他人がゴミのポイ捨てをしていると、それを目撃した人がストレスを持ってしまう、「注意してやろうかしら」、「あんなことをする人の気が知れない」、などなど。他人の行為で自分自身のストレスを高めているというのもなんかおかしい気がします。

「他山の石」や「他人の振り見て我が振りなおせ」なんてありますが、他人に対して意見を言ったりするという意味はないでしょう。そうでもしなければならないほど、日本人の個人個人の自覚の程度が低くなったのでしょうかねぇ。
e0031500_731758.jpg

[PR]

by elderman | 2006-04-22 06:58 | Comments(10)
Commented by at 2006-04-22 08:12 x
フッと思うのですが、日本人の多様化、生き方の多様化・・・日本は島国なので、随分前は、ひとくくりで、表現出来ましたが今の日本には、いろいろな国の方達、いろいろな国で、生活された方達が、増えてきています。そして、インターネットも普及して簡単に情報豊かに生活できます。
だからと言って日本人全員が、変わったと言うのでは有りませんが・・・
今は、他人が、何を考えて、どうしたいのかと言うのが全く読めない時代になったような気が致します。事の善悪以上に、周りが読めないことが、恐ろしいような・・・・。
浦島さんは、・・・いかがですか?
Commented by elderman at 2006-04-22 08:41
華さん、おはようございます。^^
私はもともといろんな人がいていいものと思っているくらいですから、個人個人を尊重するというか無関心というか・・・ ただ、今の日本を見ていると妙に凶悪な犯罪があったり、詐欺もどきがあったり、嫌な世の中のように映ります。(汗)
どうしたいのかということは言わない限り分からないでしょ。察する文化、この時代は終わったんじゃないかなぁ。組織で仕事をすれば、察しなければいけないことも多いとは思いますが、どうしたいのかということは表現すべきことなんじゃないかな。
Commented by my_starry_sky at 2006-04-22 16:19
身勝手な人間が増えすぎています。仕事柄本当に痛感します。
自分で自分にストレスを与えているという点では私も人のことは言えませんが、実際に監視社会にしなくてはいけないほど、みんながワガママなんですよ。インターネットの普及ひとつにしても、最初に始めた方々は、
ちゃんと勉強しながら始めたはずなんです。今は安価に誰でもできる。
だから何でも他人任せ「自分はシロウトだ」と威張って、怒鳴れば何でも
言いなりなると思い込んでいる幼稚さ。そんなものを毎日見ながら、この国の人間はどうしてこう幼稚で要求ばかりをするのかと呆れる毎日です
Commented by elderman at 2006-04-23 17:04
my_starry_skyさん、こんにちは。^^
そうなんですか、日本人って頭のいい国民だと思うのですが、幼稚で身勝手な人が増えているのですか。困ったものですねぇ。どうしてそうなっていくのでしょうか、考えてみないといけませんね。
Commented by 安房 at 2006-04-24 11:00 x
車内でのメール操作がいけないのは、携帯などの機器からの輻射電波が人工心臓装着者のペースメーカーなどに影響する可能性を危惧しての事だったと思います。
ヨーロッパの例や、飛行機内の例ではその可能性がクリアされているのかどうかわかりません。
吸殻のポイ捨てについては、私は感受性と想像力の欠如が原因だと思います。
イランでは、紳士淑女が道端や川に平気でなんでも捨てること、それをオレンジ色の作業着のアフガン人が一生懸命に掃除していたのを見てあきれ果てた事を思い出します。
Commented by ショコポチ at 2006-04-24 11:02 x
携帯電話へのヒステリックな嫌悪感は不思議ですね。車内アナウンスのようがよっぽど煩いのに(笑)。やっぱり、「傍若無人」ということが嫌いなのでしょう、日本人は。周囲が見えていないように振舞われると不安を感じるのだと思います。
同じ横並び意識が犯罪に関しても働いていると思います。もしも怪しい人や幼児虐待を見かけても、出すぎたマネをするのはよそう、と思っちゃうんじゃないでしょうか。それが警察にまで言えるんですから困ったことです(笑)。逆に犯罪者にとってはこんな楽な国はないですよね。

>国の禁煙運動は大変活発ですが、米国というのは世界一のタバコ輸出国

タバコも武器も鯨も…と言いたいところですが、やめておきます。そうそう、私の昔の上司が、イタリアのホテルの屋外テラスでタバコを吸っていたら、派手な服を着たアメリカ人の観光客のオバちゃん2人組に、イスを全部片付けられてしまったそうです。「何の権利があるんだ」と抗弁したそうですが、彼女達は「私たちが正義よ」とばかり取り合ってくれなかったそうです(笑)
Commented by elderman at 2006-04-24 11:26
安房守さん、確かにそうなのでしょう。
徹底させるなら電車の中を圏外にしてしまうということもできるでしょうに。それでも、最近は電車の中、特にシルバーシートの周辺では携帯電話を使わないというマナーが徹底してきているようです。この辺はさすがに日本だと思いました。
発展途上国での問題は教育、意識、自覚の問題でしょうが、ヨーロッパの先進国はどうなんでしょうねぇ・・・ 人口が少ないからいいのかなぁ。
Commented by elderman at 2006-04-24 11:32
ショコポチさん、こんにちは。^^
携帯電話から出る電磁波などの影響ということは分かるのですが、そういう障害はメーカーの方で解決するなり、電車そのものを圏外にしてしまうという方法もありそうですが。どこまで本当なのかちょっと疑ってしまいます。(苦笑)
ことなかれ主義は昔からあったでしょうが、周囲に無関心というのは最近の現象かも知れませんね。
米国の例外主義、傲慢さはもはや世界中で認識されていることでしょう。いずれしっぺ返しがあると思いますけどね。強い国であり続けないと相手されなくなるんじゃないかな。
Commented by untikusai at 2006-04-26 05:58 x
たばこの吸わないuntikusaiにはいっこうに困りませんが、長時間のすえない状態はストレスが溜まるようです。それでへんな事件がおこているのでは?(*^_^*)
Commented by elderman at 2006-04-26 06:08
untikusaiさん、おはようございます。^^
タバコなんぞ、吸わないに越したことはありません。私はタバコの煙とその臭いが大嫌いです。(笑) でも、フィルターを通した味は美味しい。(笑) ま、ニコチン中毒ってことですね。(苦笑)


<< 園芸植物(4)プリムラ      マクロレンズの世界(142)エ... >>