えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

オランダでの休暇で感じたこと(1)

10日間をヨーロッパで過ごしましたが、一番強く感じたことは自分が本当に寒がりだということです。ホテルの部屋の中ですら寒く感じます。ベッドの毛布も一枚では足りなくて、2枚にしているくらいです。冷え性というものとは違うと思うのですが、私の体温が高いのかも知れません。

マレイシアに滞在していたときに、英国人が高原に別荘を持って逃げ出すということを面白く思っていましたが、彼らは本当に寒さには強いけど、逆に暑さには弱いようです。バンコクの一流ホテルはそんな欧米人に合わせてガンガン冷房を効かせているので、私は会議のあるときなどいつもジャケットを持参していたものです。

レストランに入ってもしばらくは皮ジャンパーを脱ぐ気になれないところです。それで、いつも熱いスープを注文しているのでした。本当は、昼間からスープを注文するという習慣は、私にはないのですけどね。それで少し体が温まってからジャンパーを脱いでほっとするというものです。昼間からのワインですが、これも体を温めるのには必要なのかも。^^

外の2度程度の寒さの中、私はかなりの厚着でないと寒くて仕方ありません。カシミアのベストとセーターを二枚重ね着して、こちらに来て買ったマフラーをしてもまだ足りません。そんな私ですから、熱帯の国はあまり苦痛ではありません。タイでもマレイシアでも暑さが苦痛だと感じたことはありません。高原に逃げ出す必要もありません。

イラン人も寒さには強い人たちです。ご存知のようにイランの都市は高地にあります。これは多分夏の暑さから逃れるためではないかと思います。ベネズエラでも同じ傾向が見られました。テヘランの夏は40度くらいまで上がりますから、いくら乾燥していて暑さを感じないと言っても、暑さに弱い人たちでは苦痛なのでしょう。

白人と私たちの皮膚の構造が違うということを聞いたことがあります。白人は皮膚でエネルギーを活発に消費するようで、そのせいで寒さに強いようです。冬でもTシャツでいる人を見たことがありませんか?たまに見かけるので、驚いてしまいます。

もう一つ、歳をとると体が省エネルギー型になるという理由もあるかも知れません。どこの国でもお年寄りは厚着をしていますね。少しのエネルギーで生活できるけども、寒暖に体の方を合わせるということが次第に苦手になるようです。私はもともと寒がりですから、まだこの傾向は始まっていないと思いますけどね。(苦笑)

でも、最近めっきり食が細くなったし、それでいて体重は増加傾向なのですから、老人型の体に変化して来ているということは否定できないようです。太っているうちはまだ中年太りみたいでいいのですが、これが痩せて来ると本当に老人になるのかなぁ。
[PR]

by elderman | 2006-03-31 00:49 | えるだまの観察 | Comments(10)
Commented by japonikk-la at 2006-03-31 08:03
この話、すごく共感しました。私もまず白人は本当に体の作りが絶対アジア人の私とは違います。皮膚が厚いと思ってました。 昔氷点下の吹雪の中をやっぱり半袖、半ズボンで歩いている人をみかけ、もう同じ人間とは思えませんでした。
また会社でも部屋の中の温度が冷蔵庫の様にしないと、皆暑いって文句言います。
一つだけ違うのが、うちのイラン人夫は私より寒がりで、夏でも寝る時は靴下をはいているし、冬は厚手のとっくりのセーターに帽子に靴下で、まるまって寝るぐらい寒さに弱い冷え性で、すごい年寄りみたいです。

なんか年をとるって悲しいですねえ。でも皆平等に年をとるから、こればっかりはしょうがないけど。
Commented by untikusai at 2006-03-31 10:24 x
寒がりは歳のせいかと思っていたuntikusaiです。冬に半そでの外人よく見かけますね。長袖無いのかと思っていました。そうか、寒くないんだ。
北陸はどっちかというと寒い期間が長いので、真剣に避寒を考えています。梅雨も嫌だから12月から6月まで7ヶ月ほど、どこか良い所無いでしょうか。
(^^ゞ
Commented by elderman at 2006-03-31 11:05
japonikk-laさん、こんばんは。^^
日本人同士でも暑がり、寒がりというのがあって、夫婦でその組み合わせになると結構大変なようです。冷房、暖房で調節に困りますものね。
japonikk-laさんのところはご主人が寒がりでよかったですね。^^
歳をとることは自然なことですから、体の変化もあるがままに受け止めて参りましょう。美味しいものをたくさん食べられなくなったことはちょっと残念ですけどね。(苦笑)
Commented by elderman at 2006-03-31 11:12
untikusaiさん、おはようございます。^^
年齢と人種、そして個人個人かな、違うものですね。
気候と自然を考慮したベストシーズンをご紹介しましょうか。12月はタイ(東南アジア)、1月はドバイ、2月と3月はメキシコ(中南米)、4月はオランダ、5月はイラン、6月はスペイン(地中海沿岸諸国)かな。
Commented by my_starry_sky at 2006-03-31 22:33
食が細くなって、太ってきたって・・・それ、飲みすぎじゃありませんか?
笑、ご自愛ください。
Commented by mintogreen at 2006-03-31 22:57 x
お腹の大きな王子さま~。^^
あ、間違えた。
王子は昔の事。
お腹が大きくても素敵なelderman~。^^
ファイトー!
Commented by かっぱ at 2006-03-31 23:25 x
>白人と私たちの皮膚の構造が違うということを聞いたことがあります。白人は皮膚でエネルギーを活発に消費するようで、そのせいで寒さに強いようです。冬でもTシャツでいる人を見たことがありませんか?

>>>なるほど~。と思いました。
カナダ出身の彼には、韓国の夏は暑くてたまらないらしく、扇風機を直にベッドに向けて強風にします。私は夏でも毛布をかけて寝なければなりません。
冬は冬で、ヒーターはなくても構わないらしいのです。この寒い韓国で!!
彼に部屋の温度を合わせていたら、私はまともに生活できないぐらいです!

私は冷え性なので、足元を絶対に冷やさないようにしていますけど・・・えるだまさんの場合はちょっと違うんでしょうか?
タイは暖かいので心配は必要ありませんね。^^
Commented by elderman at 2006-04-01 04:47
my_starry_skyさん、ぎょ!!!
そうなんですか、そうかも知れません。(汗) 飲む量は、増えたかも。(苦笑)
Commented by elderman at 2006-04-01 04:49
mintogreen さん、こんばんは。^^
バンコクでは、遊びで忙しくて・・・(汗) バンコクで暇になることは相当難しいようです。(苦笑) ファイト~!ですかぁ・・・ どちらにそのエネルギーをぶつけましょうか?(笑)
Commented by elderman at 2006-04-01 04:54
かっぱさん、こんばんは。^^
そうでしょ、実際問題として感じることでしょ。こればっかりは、人それぞれという感じなので、どうのこうの言えませんね。
バンコクの場合は、冷房の強さが恐怖です。外の姿のままでは、とても会議室には入れません。(苦笑)


<< マクロレンズの世界(131)ラ...      オランダの花(12)ホンコンシ... >>