2006年 03月 29日

風車の構造(23日)オランダ

キューケンホフ公園を見学した後、ライデンに向かいました。タクシーの運転手はライデンをあまりよく知らないようで、何をみたらいいのか分からないという困った状況になりました。もちろん、運転手は現地の人に訪問すべき場所を聞いてくれましたけどね。

私が最初に訪問したのは、背の高い風車でした。5階建て以上もあるような大きな構造物です。近づいて行くと、その風車自体がミュージアムになっていました。私は、上に登って市内のめぼしい観光地を探そうという下心もありました。

2階までは比較的ゆったりしていますが、3階以上になると階段は急傾斜で狭いものでした。内部構造はほとんど木製なのには驚きましたが、17世紀頃から始まった風車ですから、木製の部品が多いのは当然なのでしょう。

(背の高い風車)
e0031500_035288.jpg

(展望台は4階相当)
e0031500_0362213.jpg

(下から見上げた風車)
e0031500_0372819.jpg

(中はミュージアムです。)
e0031500_038712.jpg

(展望台から見たライデンの街)
e0031500_0385653.jpg

e0031500_040226.jpg

(風車の中・・・いくつにも動力を分けて使用しています。)
e0031500_0412883.jpg

e0031500_0404527.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-29 00:42


<< マクロレンズの世界(129)フ...      オランダの花(11)ウツボカズラ >>