えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 28日

キューケンホフ公園(23日)オランダ

アムステルダムの南西方向30km程度のところにリセという場所があります。この場所はチューリップ畑で有名な場所です。季節がよければ、畑一面に広がった色とりどりのチューリップが見られたことでしょう。4月の中旬以降が絶好のようです。

そのリセの近くに、国の内外から数十万人の人が訪れるというキューケンホフ公園があります。この公園にはありとあらゆるチューリップが植えられてるというのですから、すごいものです。

私はこの公園のオープンを待って、オープンの初日に行ったのですが、折からの寒波のせいでしょうか、公園内にはクロッカスが見られる程度で、チューリップには早過ぎました。残念ですけど、どうしようもありませんね。それでも中に大きな温室があって、そこでチューリップを見ることはできました。

温室で撮影したチューリップの写真は既にアップしましたから、公園の様子を紹介しておきましょう。
e0031500_13272948.jpg

e0031500_13281015.jpg

e0031500_1329699.jpg

e0031500_1330973.jpg

e0031500_1331531.jpg

(クロッカス・・・見られたのはクロッカスだけです。)
e0031500_6395791.jpg
e0031500_6424988.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-28 13:31 | Comments(10)
Commented by mintogreen at 2006-03-28 21:51
えるだまさん、こんばんは。
キューケンホフ公園の名前の由来を知りたいですね。
もしかしたら、もうどこかの記事でえるだまさん、教えて下さっているのかな? minto、見逃しちゃってるのかな?^^
Commented by elderman at 2006-03-28 21:59
mintogreenさん、こんばんは。^^
キューケンというのは、オランダ語で「台所」という意味だとタクシーの運転手が教えてくれました。ホフは庭という意味だそうです。
キューケンホフの名前は15世紀前半にリセに住んでいたヤコバ男爵夫人に由来しているそうです。領地の一部だった現在のキューケンホフ公園の敷地を男爵夫人は大変お気に入りで、狩猟をしたりお城の食卓に並べるハーブを採集したりする場所として利用していたといいます。
Commented by mintogreen at 2006-03-28 22:27
そういう話好きだな~。^^
いい時代でもないかもしれないけど、その頃の優雅な男爵夫人の姿を想像するのは楽しいですね。
Commented by elderman at 2006-03-28 22:33
mintogreenさん、女性は夢が好きですからねぇ。^^
私がその時代にいたら、野良仕事しているでしょう。(苦笑)
あるいは決闘で殺されちゃっているかな。(汗)
Commented by mintogreen at 2006-03-28 22:58
ひぇ~!えるだまさんが野良仕事。
想像つかない!^^
決闘して谷底に落とされちゃうかも。
わ~、可哀想な事。(泣)
mintoに何回谷底に落とされてる?
でも、いつのまにかひらりと後ろにいるんだよね~。
やっぱり、ゾロ?
Commented by elderman at 2006-03-28 23:02
mintogreenさん、どうでしょうねぇ。
私のことだからきっと男爵夫人の家庭教師とかやっているんじゃないかな・・・ 何を教えているんだか。フフフ
Commented by mintogreen at 2006-03-28 23:10
きゃ~、あぶない、あぶない。
やっぱり、その路線か。(笑)
って、いったい何を言ってるんだ! mintoくんは。けしからん。
でも、フフフがあやしい。
Commented by elderman at 2006-03-28 23:20
mintogreenさん、何を想像しているでしょうねぇ。
もちろん、綺麗な花の写真の撮り方に決まっているでしょ。フフフ
Commented by madamkase at 2006-03-29 13:56 x
えるだまさん、うちのBBSに帰国のご挨拶に来てくださり、ありがとうございました。
昨日は出かけていたのでパソコンを開ける時間が余りなかったため、自分のコメントに返事を書くので精一杯、いつも真っ先に開くえるだまさんのページにさえお伺いできないでいるうち、たくさんアップされていました。

写真を拝見する限りでは、ほんとうに去年と大きな違いですね。自然を相手の仕事ですから、いくら公園の管理の人々が頑張っても、咲かないものは咲かないですね。クロッカスと一緒に植えられているちゅーりっぷとは、色のコントラストが考えられているので、一緒に開いていれば非常に面白いものだったのに、残念でした。
Commented by elderman at 2006-03-29 15:50
madamkaseさん、こちらこそありがとうございました。^^
お隣さんに帰国のご挨拶をしていかないといけないような気分でした。本文の関係ないメッセージを残すのにBBSというのは便利ですね。
キューケンホフは、このような有様でどうにも残念でした。次回は家内と一緒に時期を選らんで行くようにしたいと思います。リセのチューリップ畑を見てみたかったですねぇ・・・ 残念です。


<< えるだま帰国に伴う「東京オフ会...      オランダの花(10)フクロカズラ >>