えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 28日

ハールザウレンス(21日)オランダ

ユトレヒト訪問で満足しましたが、実はこの日にはもう一つの目玉があったのです。お城観光には少々食傷気味の私ですが、それでも見所のあるお城というものはいいものです。

これまでに観光したお城では、立地条件、お城の形という点では、ドイツにあるノイシュヴァンシュタイン城(白鳥城)が一番だと思っています。二番目は、フランスのロワール川沿いにあるシュノンソー城かな、お伽噺に出てくるようなお城です。

正直な話、オランダのお城にはあまり期待していなかったのです。ところが今回のハールザウレンスにあるお城には驚きました。今までに見たお城の中でもっともお城らしいお城という感じです。総合評価には庭園も対象になりますが、このお城の庭園は、なんと500haもあるのだそうです。

ただし、このお城はオリジナルのものではなくて、1892年から建築家のカウペルス、庭設計家のコパインの計画で造られたものだそうです。

たくさん写真を撮りましたが、なんとかこのお城の雰囲気をお伝えできればいいなぁと思います。

(デ・ハール城入り口・・・お城は遥か彼方)
e0031500_050390.jpg

(実際に入った入り口)
e0031500_0511413.jpg

(スノードロップがいっぱい・・・再掲です。)
e0031500_0521732.jpg

(お城が見えています。)
e0031500_0525998.jpg

(こちらが正門の方向です。・・・私は裏から回りました。)
e0031500_935413.jpg

(裏口のようです。)
e0031500_0543651.jpg

(裏から見たお城)
e0031500_1234693.jpg

(庭園の一部・・・正門から見える景色です。)
e0031500_055311.jpg

(お城への入り口・・・中は撮影禁止でした。)
e0031500_0562215.jpg

(お城の外観)
e0031500_0571710.jpg

e0031500_125497.jpg

*おまけ:
このお城の本館に入ったとき、受付の女性に次の案内まで30分待つようにと言われたのです。私は一人ですから30分というのは、さすがに長過ぎます。困った顔をしていると、その女性が申し出てくれました。「クイック・グランスでよければ案内しましょう」って。ヤッタネ!彼女の臨機応変な出方に感謝、感謝です。こうして、直ぐに中を案内していただけたのでした。こういうこともこのお城の印象をよくしているのでしょうねぇ。^^
[PR]

by elderman | 2006-03-28 01:03


<< オランダの花(10)フクロカズラ      マクロレンズの世界(128)ラ... >>