えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 23日

ブリュッセル市内観光(1)

何も分からないままに駅を出て歩いていると、教会の鐘の音が聴こえて来ました。周囲は大きなビルばかりが並んでいます。そして、ものすごい傾斜地になっています。オランダではほとんど見なかった傾斜地です。私は、ベルギーがどうして豊かなのか分からないまま、近代的な巨大建築物の間を歩きました。

鐘の音がしていたのは、聖ミッシェル・エ・ギュデル大聖堂でした。私はあまり宗教関係の施設には興味がないのですが、ヨーロッパの文化や建築物を知るためには教会を避けていく訳にはいかないようです。教会の内部の写真も撮りました。

金色の像があったので写真に撮りましたが、後で分かったことですが、どうやらブリュッセルの守護神のような「サン・ミッシェル」の像のようです。教会の内部を見て出ると、地図を見ている観光客がいました。やっと現在位置が分かると思い、彼に声を掛けたことは言うまでもありませんね。

カナダ人の彼も私と同じように、休暇を利用して観光しているとのことでした。そして、悪いことに彼もブリュッセルの知識が何もないのでした。地図は現地の言語だし、方向すらよく分からない始末です。”Good luck!”と言い、私たちは分かれました。お互いに試行錯誤の観光になることでしょう。

私はその後、本能と観察力に任せてしばらく歩きました。すると、ミラノで見たような大きなアーケードを発見したのです。このアーケードは、「ギャルリ・サンテュベール」という名前で銀座通りのような場所だったのです。アーケードの中に本屋をみつけ、私はようやくガイドブック(日本語版)を入手できたのでした。

驚いたことに、本屋の店員が日本語を話しました。日本人の友人でもあるのかなぁ。私が英語、彼が日本語という奇妙な会話が続きました。私が日本語で話をしても理解できたのかなぁ・・・ やってみれば良かったですね。

日本からの旅行なら、事前にいろいろと観光案内を手に入れることができますが、イランから出かけた私の個人的な問題と言えるでしょう。何も知らないで、とんでもないところに行ってしまったら大失敗ということになります。

(聖ミッシェル・エ・ギュデル大聖堂)
e0031500_041557.jpg

e0031500_0412462.jpg

(その内部)
e0031500_0414380.jpg

e0031500_042084.jpg

(サン・ミッシェルの像だと思います。)
e0031500_0422644.jpg

(ギャルリ・サンテュベール)
e0031500_043028.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-23 00:45


<< ブリュッセル市内観光(2)      マクロレンズの世界(125)ス... >>