えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 23日

ブリュッセルへ

ルクセンブルグの観光を終えて、ブリュッセルに戻ります。アムステルダムまでは6時間掛かりますから、できるだけ早く出発したいところです。それでも、のんびり休暇のつもりですから、ホテルでゆっくり朝食をとり、電車に乗ったのは8時半でした。3時間でブリュッセルに到着します。

ルクセンブルグからブリュッセルへの移動では一等車両を使用しました。実は一等車両ということは知らずに、ずい分いいシートだなんて思い、ちゃっかり座っていたら、車掌にそう言われました。2000円くらいを払い、4人分の席を独り占めして快適な旅になりました。

写真の車掌さん、なんだか要領を得なくて、いったいいくら払えばいいのかなかなか教えてくれません。どうやら本当に知らないようです。3枚くらいの切符が切られ、手で合計を計算していました。慣れていないのか、滅多に私のような客がいないのか、四苦八苦していました。(笑)

この車掌さん、2個くらい駅が過ぎたら、降りました。ルクセンブルグの人だったのでしょうか。交替で乗り込んで来たのは二人の男性車掌でした。そして、一等車両には、別に一人がいるだけという様子でした。日曜日の早朝だからお客さんが少なかったでしょう。

そう言えば、ルクセンブルグに向かうのに切符を買わずに、そのままルクセンブルグ行きの列車に乗り換えると、罰金があったりして高くつくとオランダの車掌さんが教えてくれました。どうやら、日本のような乗り越し精算というシステムがないようです。一等車両に気まぐれで乗り換えた私は、罰金まで請求されたのかも知れません。(苦笑)

車窓からの景色をアップしておきます。田舎の雰囲気と重厚な街並みが見られると思います。ルクセンブルグを出て時間が経つと天気が悪化して来ました。ブリュッセルでの観光が思い遣られます。

ところで、私は、ルクセンブルグ同様にブリュッセルに関する情報をまったく持っていませんでした。簡単な市街地図は持っていましたが、どこに行って何を見たらいいのかさっぱり分かりませんでした。ブリュッセルの駅について、なんとなく地上に出ると、そこは中央口ではないところでした。早くも現在位置すら分からないという状況に陥りました。

(鉄道の車掌さん)
e0031500_083888.jpg

(一等車両です。)
e0031500_093776.jpg

(車窓から・・・ベルギーの景色です。)
e0031500_010813.jpg

e0031500_0102834.jpg

e0031500_0104973.jpg

e0031500_011818.jpg

(ブリュッセルの駅から出たら・・・こんなところに出ちゃった。汗)
e0031500_0142186.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-23 00:11 | Comments(0)


<< マクロレンズの世界(125)ス...      オランダの花(6)アカシア >>