えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 22日

ルクセンブルグ市内観光(2)

城砦都市として世界遺産に指定されているルクセンブルグの市街地です。観光マップを見ていて面白いと思ったことは、道路や橋に米国の大統領の名前が付けられていることです。ルーズベルトとかジョン・F・ケネディという名前が見られました。世界大戦の頃は分かるとしても、その後も米国と仲がいいのでしょうか。

ホテルのフロントに質問したのですが、「どうしてルクセンブルグはお金持ちの国でいられるのですか?何か特定の産業でもあるのでしょうか?」、その回答は意外でした。「特に産業はないけど、大きな銀行があります」ですって・・・ お金を貸して利子で潤っているのでしょうかねぇ?

夕方、ふらふら歩いていると、日本人のツアー客と思える人たちに遭いました。久し振りに日本語を話すことができました。私が聞きたかったのは、「ルクセンブルグのどこを観光すべきか」ということでしたが、どうやらノートルダム大聖堂くらいでいいようです。

ルクセンブルグの夜景の写真もどうぞ。^^
e0031500_12491187.jpg

e0031500_12493242.jpg

(市街地の夜景)
e0031500_12494540.jpg

e0031500_125011.jpg

e0031500_12501631.jpg

e0031500_12553842.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-22 12:50


<< オランダの花(6)アカシア      マクロレンズの世界(124)グ... >>