えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 18日

オランダで食べたもの(1)

今日のお昼は、アムステルダムの中にあるレストラン・バーで食べることにしました。私がオーダーしたものは、白ワイン、シーフード・スープ、赤ワイン、サテー定食(インドネシア料理)、レミマルタンVSOPでした。運転手の分も入れて7、000円くらいでした。運転手はスープとコーラだけだったので、ほとんど勘定に入らないくらいです。

(レストラン・バー)
e0031500_0443148.jpg

e0031500_0444614.jpg

(シーフードスープ)
e0031500_045799.jpg

(サテー定食)
e0031500_0453041.jpg

このサテーはポークなのですが、ピーナッツソースがとても美味しかったです。^^
e0031500_1192150.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-18 00:46 | Comments(10)
Commented by mintogreen at 2006-03-18 01:09 x
うわ~、暖かそうなお店。
本棚があるなんて、落ち着きますね。^^
シーフードスープ、mintoも飲んでみたい。
さっそく、レミマルタン、いきましたね~^^ カンパ~イ!^^
Commented by あじゅるえずめ at 2006-03-18 01:13 x
オランダに着いたそうそう、インドネシア料理を食べるえるだまさん(笑)
Commented by elderman at 2006-03-18 01:14
mintogreenさん、外が寒いですからねぇ。^^
あはは、引っ掛かりましたか、この本棚、ダミーです。(笑)
ワインの味も、料理の味も、まずまずでした。^^
レミーは、まぁ、そんなものでしょ。
Commented by elderman at 2006-03-18 01:16
あじゅるえずめさん、そうですね。^^
インドネシアとは深い関係のあるオランダですから、いい料理があると考えましてね。まぁ、正解でした。^^
本当は、フレンチ・オニオン・スープを注文したかったのですけどねぇ・・・ 寒いから、そういうメニューが暖まります。
Commented by japonikk-la at 2006-03-18 05:26
現地から即投稿はなんかフレッシュでいいですね。
えるだまさんの表情からすごくリラックスして幸せそうですよ。羨ましいなあ。インドネシアとオランダが深い関係? 知らなかったです。
Commented by madamkase at 2006-03-18 10:26 x
今週お客さんが多くて、パソコンの前に座る時間がなかなかとれず、
オランダにご出発のえるだまさんをお見送りも出来ないでたいへん失礼をいたしました。(←大真面目に書いています)
端正なお顔がなんか、お幸せそうですねえ。
アムステルダムの花市場を見られるだけ長く滞在できなかった私。
ライデンの古城ホテルで誕生日を迎えたつうのに、豚ハムを部屋に持ち込み、ハイネッケン1本で酔っ払ってしまって朝まで爆睡。
ああ、もう一度行きたいな、行けるかな。
Commented by elderman at 2006-03-18 14:10
japonikk-laさん、おはようございます。^^ (朝6時です。)
のんびり休暇ですから、PCの前に座る時間はいくらでもとれます。
ずっとそうしていてもいいのですけれど、ちょっともったいないですから。(笑)
インドネシアはオランダの植民地でした。独立の際は戦争みたいなことがあっても、宗主国ということでいろいろ面倒をみているものです。^^
Commented by elderman at 2006-03-18 14:15
madamkaseさん、おはようございます。^^
お見送りだなんて、滅相もない。ちょっと6時間くらい移動しただけのことです。お気持ちありがとうございます。^^
2日目でしたから、タクシーで市内観光をしてしまいました。いい運転手だったので上機嫌です。アルコールも好きなものが飲めるしね。^^
今日はとりあえず、ベルギーを見てこようと思ってます。オランダの電車はとてもゆっくりなので時間が掛かります。困ったものです。
Commented by kokenkokensen at 2006-03-21 05:45
elderman様 初めまして、お邪魔します。
オランダは小国であるために、インドネシアを統治するのにDivide and ruleと言うことをしていました。つまり、インドネシアのこっちの人々を持ってきて、あっちの人々と戦わせて統治するという方法です。第二次世界大戦後、日本の支配を脱してインドネシアは独立しましたが、その独立を阻止するためにアンボンの兵隊をつれて、ジャカルタに侵攻しようとしました。しかし、アメリカなどに反対されたために、アンボンの兵隊部隊は宙ぶらりんになり、アンボンの兵隊に将来アンボン付近を独立させるからと適当に空約束をして、兵隊を全員オランダに連れて帰りました。それがオランダにいるアンポニーズで、オランダにいるインドネシア人の多くを占めているのではないでしょうか。オランダが旧宗主国としてインドネシアの面倒を見ているかどうかは疑問だと思います。
元、インドネシア駐在員
Commented by elderman at 2006-03-21 17:14
kokenkokensenさん、ありがとうございます。^^
オランダがインドネシアを植民地にしていたときに奪うだけ奪うというひどいやり方だったことは知っていますが、独立した後も冷淡な外交を続けているのですか。南米の諸国に対するスペイン、ポルトガルのやり方とはずい分違うようですね。もうちょっと勉強してみないといけませんね。ご意見ありがとうございました。


<< オランダの花(2)ヒメエニシダ      アールスメール中央生花市場(17日) >>