2006年 03月 14日

爆竹の音

この2週間くらい、爆竹の音があちこちでします。今晩も盛大にやるそうで、喧しくて困ったものです。イランの爆竹というのは、中国のもののようではなくて、大きな音のする大きな爆発物です。ガラスが割れたという話は聞きませんが、爆風で自動車のアラーム装置が起動してしまうと言います。

イランでの爆発物騒ぎでは、こういうものがあるので、直ぐにテロだとは反応しないものです。音だけの脅かしだろう、と気楽に考えるのが一般的なように思われます。

この爆竹、本当は大晦日に盛大にやるもののようですが、「赤い水曜日」という拝火教に起因する祝祭があり、年末最後の火曜日の晩にやるというものだそうです。それで今晩、盛大に爆竹が鳴ると、秘書のアツーサが言っていた訳です。

この2週間というのは、その爆竹作りの試験なのでしょうか、夕方になるとかなりの騒音で爆竹が破裂しています。最初は銃声かと思いましたが、銃声でなくて良かったとは言えるものの、爆竹とは言えかなりの破壊力のようですから、怪我人が出るんじゃないでしょうかねぇ。

(追記1)
午後6時、爆竹の音はますます凄まじくなって来ています。特に北側ではアルボルズ山脈に音が反響して、まるで雷鳴みたい。(汗) 雷鳴ならPCの電源を落としてしまいますが、爆竹なら大丈夫。^^

(追記2)
午後7時、爆竹の音は鳴り止まず。去年もこうだったのかなぁと疑問に思いますが、いつもはもっと早く一時帰国しているのでした。知らないはずです。

(追記3)
午後7時半、爆竹の音は一層激しさを増しています。爆発というのは、怒りの爆発を連想させます。それはいったい何に対してのものなんでしょうねぇ・・・ イスラム教をもって国を統治しようとしている現政権なのか、傲慢な米国に対するものなのか、あるいは日常のストレスの発散に過ぎないのか・・・

(追記4)
午後8時、引き続き賑やかです。アパートの近くでは火で遊んでいる人たちが・・・
e0031500_136891.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-14 22:34 | 日々の雑感


<< マクロレンズの世界(119)ハ...      アパートの庭の花 >>