えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 13日

韓国旅行2001(3)韓国料理

韓国料理と言えばもちろん焼肉でしょう。初日の晩は現地の韓国人のお勧めに従い、韓国人が美味しいと考えている焼肉をいただくことにしました。お店のメニューに日本語でも書いてあるので、このお店には多くの日本人も来るようでした。

韓国焼肉は日本だけでなく、アジアの国でいただけますが、本場での違いというと、まず、つきだしのような小皿でサービスされるものの点数が圧倒的に多いことでしょうか。日本にある焼肉屋さんではせいぜい5品程度でしょう、このお店ではもっとたくさんあったように記憶しております。

案内の韓国人女性二人は日本語がぺらぺらなので助かりますが、こちらがハングルを少しも話せないというのはちょっとコンプレックスでしたね。フツーの米国人なら優越感だけでそうは思わないのでしょうが、やっぱり相手が日本語を話すならこちらも少しはハングルを知っていないと恥ずかしいなと思いました。

家内はまったくダメですから、「カミサンムダ」(ありがとう)ってところです。本当の発音だと、「カミサハンムダ」だったかな・・・ 「パンにハムハサムダ」じゃないな。(笑) dadaさーん、出番だよ~~♪

翌日の夜は、彼女たちのお勧めの韓定食でした。定食というからフツーの食事をイメージしていたけど、いやはやすごいボリュームでした。全部食べたら死んじゃうね。(笑) なにしろ皿の数からしてすごい。そして多種多様の料理です。一個一個の皿は小さいのですが、なにしろ数がすごい。半分も食べられなかったなぁ。^^
e0031500_094182.jpg

e0031500_0101088.jpg

自由の橋の記事 はこちらです。
[PR]

by elderman | 2006-03-13 00:10


<< ベルギーの勉強      マクロレンズの世界(117)ナ... >>