2006年 03月 06日

帰国間近ですが

アルコール分ゼロ%のビールに不味いウイスキーを入れて飲んでいます。不味いもの同士で美味しいものができたら、万々歳というところですが、現実問題そうはいきません。私は発泡酒は好きではありませんが、これなら発泡酒の方がマシというもの・・・ 不味い+不味い=不味いでした。(苦笑)

帰国間際ですから、アルコール類の在庫も底をついております。ウイスキー、バランタインの普通のやつの1リットルボトルが1本と半分。ワインが赤白2本、テキーラとジン、ウォッカがほんの少し、ビールはハイネケンが2缶です。これからイランで過ごすのは、実質的にあと10日程度ですから、なんとか持つでしょう。

来週木曜日(10日後)からベネルクス三国を見に出かけますが、イランの仕事のストレス(これはいずれお話することができるでしょう。)のせいでしょうか、ちっともベネルクス三国について調べる気になりません。今日はとりあえず、地図だけはPCに落としました。もうすぐイランのお正月ですから、イランにいてもしょうがないということで脱出するというネガティブな動機というか理由ですから、いまいち興味が湧かないというのはしょうがないかな。

アパートにはもうほとんど私物はありません。ステレオもカラオケセットも、ランニングマシーンも観葉植物も、いろいろな置物ももうありません。既にあげてしまったり、処分してしまったり、秘書の家に運んだりしてしまいました。必要な私物は、既に日本に船便で送ってしまっています。

何もなくなったアパートを見ていると、イランに来た当時のことが思い出されます。アパートに移ってからステレオやカラオケセット、ランニングマシーンなどを買い入れました。それらがなくなるとアパートに入居したときと同じような雰囲気です。あれから4年も経ったんだなぁと不思議な気分です。

明日から、シラーズに出張です。できるだけのことをやってイランでの仕事を終わりにしたいと思っています。シラーズの後は、テヘランのお隣のカラジ市の面倒をみて、それで多分全部が終了になると思います。最後にセミナーでの講演を頼まれていますが、こんな年の瀬に全国規模のセミナーなんて本当に実行するのか大いに疑問です。多分、キャンセルになるのでは?と思っています。実行されるなら、やるだけですから私の方には何も問題はありませんけどね。

まだ業務は進行中ですが、各種報告書も仕上げないといけません。アムステルダムで報告書を書いてもいいのですが、なんかもったいないですね。アムステルダムではせいぜい花を見てぼーっとして過ごしたいと思っています。世界遺産や観光名所など全然調べてないのでどうなりますか・・・

今回のベネルクス三国への旅行は暇つぶしですから、PCは持参いたします。現地からの実況中継はできるかも知れません。ブログの更新はできると思います。現地では物価が高そうですから、スーパーで何か食べ物でも買って、夜はおとなしく過ごすことにしようかな・・・

ベネルクス三国の旅行から帰ってからは、数日を挨拶回りで過ごし、そしていよいよ帰国です。帰国と言っても、日本は遠く、バンコクで4泊します。春休みのせいでしょうか、満席でチケットがとれなかっただけのことですが、バンコクは、私にとって第二の故郷のようなところですから、何日でも滞在できます。^^
[PR]

by elderman | 2006-03-06 01:37 | 日々の雑感


<< マクロレンズの世界(110)八...      サイパン(1)憧れの南の島 >>