えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 03日

日本語と英語の発想方法について

英語をペラペラ話したいという願望を持たれている方に参考になればと、少し考察してみようと思います。日本人が英語を流暢に話せないという大きな理由には語順という問題があると思います。そして、日本人の発想はどうしても日本語の語順に影響を受けていると思います。

私は日本人の発想は、いつも目的語が最初にあるように思います。目的語になるものが頭の中に描かれて、それから話を始めていると考えています。「プレゼント」、「自動車」、「お金」・・・そういうものがまず発想されて文章が動き始めるという感じです。

「明日予定ある?」
「うん、東京に行かないといけない」
「明後日は?」
「仕事がいっぱい溜まっているんだ」

というように、質問された人は真っ先に目的語を思い浮かべていると思います。この発想だと、英語に話すのに語順の倒置という作業を頭の中でやらなくてはならなくて、その目的語を使うための動詞を探すということをしないといけません。この方法では、どうしても時間が掛かってしまいます。

英語的発想は、どうやら目的語からの発想ではないようです。つまり、最初に動詞を発想しているのだと、私は考えています。「あげる」、「ほしい」、「貯める」・・・ 動作を先に発想して、それから目的語がついて来るという感じでしょうか。目的語も動詞もどちらも大事ですから、どちらが便利とかということではなくて、発想の順序が基本的に違うと考えるべきでしょうか。

もちろん、英語を話す人だって目的語を先に発想することもあるでしょう。日本人の発想をしてしまった場合、誤魔化す手段はあります。考えていた目的語を言ってしまった場合、口から出てしまったものは引っ込めることはできないし、そのまま話を続けることがより重要でしょう。

”A good gift”と言ってしまった場合、そのまま続けて、”I want to give Mr. Bush”としてもそれほど問題はないはずです。もちろん理解されるということで、文法的に正しいものとは言えないでしょう。多分、聴いているネイティブは、”A good gift which I want to give Mr. Bush”と聴いて、続いて出てくる言葉を待っていることと思います。ここの”which”は口語では略されることが多いですから、単に名詞を形容する句が続いていると受け止められるはずです。

語順で失敗したからと言って、くじける訳にはいきません。そこで止めてしまってもいいし、”Do you have any good idea?”とつなげてしまっても、ほとんど不自然ではないでしょう。”I want to give Mr. Bush a good gift”なんて正しい語順を考えていて、話の流れを止めてしまうというのはほとんど無意味でしょう。

動詞から発想して英語で話をすると、目的語になる名詞に対していろいろと説明を後から追加できるので便利なものです。日本語の場合、形容詞句もすべて名詞の前に置いて話す必要があるので、英語を母国語にする人にとってはかなり難しい語順変更になるのではないかと思うくらいです。もっとも、日本人もこれは瞬時には難しいようで、「それ」とか「あれ」とかで誤魔化す人がいますね。

「昨日、秋葉原で買ったんだけどね、全自動の食器洗い機ってとっても便利なんだ」

正しく話すとしたら、

「昨日秋葉原で買った全自動の食器洗い機は、とっても便利なんだ」

となるでしょうが、こんなこと、語順を考えてきちんと話す日本人って少ないんじゃないかなぁ。

英語でも居直って、ブロークンでもいいから、目的語優先の日本語的発想をしてしまった場合でもなんとか修復すればいいんじゃないでしょうか。最悪の場合は、伝家の宝刀の”I mean”を使って、最初から言い直せばいいことです。”I mean”というのは強力で、前に言ったこととまったく反対のことを言っても許されるというくらいです。
[PR]

by elderman | 2006-03-03 00:30 | えるだまの観察 | Comments(8)
Commented by mintogreen at 2006-03-03 02:00
えるだまさん、こんばんは。
今日は、何という遅出の出勤ってお思いでしょう。^^
う~ん。ありがたい記事でございますね~。
英語のこつを知りたい方に紹介したいと思います。
ありがとうございます。
Commented by elderman at 2006-03-03 08:53
mintogreenさん、おはようございます。^^
帰国されて早くも夜型生活になられたようですね。
私は8時にはもう眠たくなってしまいました。(笑)
英語の話は参考になるところがあれば幸いです。^^
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2006-03-04 11:13 x
そうですね。この語順では私も当初ずいぶん苦しみました。慣れないうちは誤魔化し方もわからないですから…。

そういえば、ESLのクラスが初級から上級まで全部合同だったことがあるのですが、初級の日本人女性が「昨日は私の誕生日だった」と言ったのです。先生に「何かお祝いした?」と聞かれた彼女、

「マイ ハズバンド  イズ  プレゼント」

と言いました。一瞬固まる教室。びっくりしたなあ。でも先生はさすがに顔色一つ買えず、
[Your husband gave you a present?]と言い直してくれてました。
しかし言われた彼女は
[Yes, your husband gave you a present.]とそのまま繰り返し…でもとりあえず意思の疎通はできたということで…。
Commented by 宇宙和里 at 2006-03-04 11:27 x
こんにちわ^^。もう20年以上前ですが、私の豪州人の友達が、日本に来た時に、それまで学校で習っていた”日本語”と、日本人が話している日本語がちがうのにショックを受けて、しばらく日本語上達拒否っていうか、”使いたくない”といってたことがありました。書き言葉と話し言葉が違うのは、どんな言葉にもあるものですよね。 実は、英語は、その点、日本語よりも、教科書で習ったままの文型で話しても通じる(あまり堅苦しくならずに、)と私は思っています。エッセイや新聞レベルになると、また別ですけどね・・・。 そんな私の友達は、今、豪州の中学校で日本語を教えています。なんたって日本に合計6年余り滞在していて、最後は学生ビザで日本語学校に通ってましたから^^。その後ちゃんと国に帰って、大学で教職(日本語、インドネシア語、体育)の免許を取りました。そんな彼女ですけど、やっぱり学校で日本語のテストを作成する時は、話し言葉ではなくて書き言葉っぽいテキスト・テストになるようです。もちろん、会話形式・・・であっても。 多少、文法がごちゃごちゃしても、相手と交信したいという意気込みが上達のコツなんでしょうかね?!^^。
Commented by elderman at 2006-03-04 11:41
TAMAさん、こんにちは。^^
語順の問題が一番大きな問題でしょうか。日本語的に発想しちゃうと語順を入れ替えないといけませんからね。
タイにいたとき、タイ人の運転手に「ゴー、トゥ、マイ、アパートメント」と言ったら、「イエス、サー、マイ、アパートメント」って答えられました。(苦笑)
Commented by elderman at 2006-03-04 11:46
宇宙和里さん、こんにちは。^^
日本語を語学教室で学んだ外国人は、日本語を丁寧に話すので驚くことがあります。こちらが、会話言葉で話すと通じないのでこちらも教科書にあるような日本語で話さないといけませんでした。なんだか滑稽でした。(苦笑)
日本語の場合、それだけ口語が違っているってことなんでしょうね。日本人同士の会話では、「昨日、東京に行きました」なんて言い方は、まずしませんね。講演を聞いているような気になってしまいます。
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2006-03-05 07:57 x
ほんのちょっと日本語教育に関わっていた立場から言いますと、日本語の場合、丁寧語と普通の口語に明らかな違いがあるわけで、友達に丁寧語で喋っても、まあバカにされたり笑われたりする程度で済むのですが、逆だとトラブルになりかねない、という親心(教師心?)があるようです。
「大は小を兼ねる」みたいな感じですが、実際なれなれしい言葉(と本人は知らずに)で外国人に話しかけられて気分を害する日本人が多いようなので、仕方がないかもしれませんね。
Commented by elderman at 2006-03-05 11:37
TAMAさん、うんうん、あります。
イラン人が、「何言ってんだよ~」みたいな話し方をしたんでムカッとしたことがあります。どこで日本語を習ったんだろうって思いました。
やっぱり日本語は外国人にとって難しい言葉になるのでしょうねぇ。


<< マクロレンズの世界(105)観葉植物      バルセロナ旅行(第五日目) >>