えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 02日

シェフとの別れ

シェフことスリランカ人の使用人が今日辞めました。彼は2年と4か月くらい働いてくれました。辞めた理由は、実は彼はイランに不法滞在中で、それが警察にみつかり、1,000ドルもの罰金を払った上での退去ということなんです。彼は土曜日の朝、スリランカに向かって発ちます。

その後、多分ドバイにいる弟を単身で訪ねて、そこで働くことになるでしょう。イランに再度戻るという話もあったのですが、最終的に彼はイランに戻る選択肢は切り捨てたようです。今回の不法滞在に対するイラン側の措置に嫌気が差したという感じでした。

シェフとの信頼関係は、私が彼を雇うと決めたときから発生していました。そしてその関係は最後まで続きました。彼は当初はスリランカ大使のシェフとしてイランに来たのですが、なぜか大使と一緒に帰国せずにイランに留まったのです。そしてどういう訳か、建築関係の肉体労働をやっていました。

そういう彼を紹介してくれたのは、前のシェフのスリランカ人ですが、彼はイラン人と結婚してスペインに脱出してしまいましたが、今ではスペインのコスタ・デル・ソルでインド料理レストランを経営しています。その話は、スペインのアンダルシア旅行の記事で紹介しました。

建築関係の仕事をしていたシェフは、当時テヘランではなく、50kmも離れた隣の市で働いていました。子供が教育を受けなければいけない年齢になり、テヘランに移りたいという希望を持っていました。私は面接した結果、彼なら信頼できる人間だと思いましたから直ぐに雇うことを承諾しました。

しかし、彼は雇用者に言われ、建築関係の仕事を直ぐに放り出す訳にはいかず、1か月の猶予がほしいということになってしまったのです。私は1か月間くらい自分でなんとかやれるからと、彼の仕事の終わるのを待つことを約束しました。このことを彼は大変感謝しているようでした。私からすればいい人材を得るためには1か月くらいなんでもないという考えだったのですけどね。

シェフのお得意はデザート作りです。私があまり甘いものを食べないのが不運だったと思います。それでも、パーティがあるたびに彼は楽しそうにデザートを作っていたものです。前のシェフは料理人というよりも実業家のセンスがあって、当時でもケイタリング(仕出し)の仕事をしていましたが、後のシェフは職人気質を持った本当の料理人です。

インド料理はもちろん、イタリア料理などの西洋料理も作ってくれました。彼の用意してくれたものは、夕食だけなく、お弁当もでした。週末は自分で料理してしまいますので、私はほとんどイラン料理を食べずに4年間を過ごしたことになります。イラン料理を食べるのは出張のときくらいなものです。

彼の家族の生活費を賄うには、私のところからだけでの収入では無理です。彼は朝から民間企業で料理や掃除などの仕事をして、それから私のところにやって来ます。大使館などでパーティがあれば彼に声が掛かります。そういう状況ですから、突然の休暇や多少の遅刻は仕方のないことです。

私は日本人ですから、夕食は早くいただきます。7時までには食べ終わって、彼はそれから帰宅して家族と一緒に夕食をすることになります。日本人のもとで働けたことは、彼にとってもラッキーだったと思います。

使用人との関係を通じて、私はスリランカ人のいいところをずい分知りました。仕事はさぼらないし、思いやりもあります。使用人としてイラン人を雇って失敗した例をたくさん聞いていますが、スリランカ人に限ってはそういうことは考えにくいと思います。二人のシェフの両方とも給料のことについて一度も注文をつけたことはありません。いただけるものをありがたくいただくという精神のようです。私は、不満のない金額を支払っていたとは思いますけどもね。

私は、使用人は使用人だけども、仕事以外では対等な人間として付き合うようにしているので、このこともシェフを喜こばせたようです。今まで20年間いろいろな人に仕えて来たけど、今回のような経験は初めてだと言っていました。彼は、「上手く言えないけど、友人以上のものを感じる」と言って涙を流しました。

私はマレイシアでもインド人の運転手と交友があり、私の帰国する前日、彼が私と次男にご馳走してくれました。そしてその晩、別れるとその後、彼は朝まで泣いて過ごしたのです。翌朝、彼の目が腫れ上がっているのが分かりました。私がクールなのかも知れませんが、外国人の感情の起伏の大きさを知ると感動してしまいます。

不法滞在の件でもめている最中、私は、シェフは正直な人間なので、もしも退職金を早く渡してしまうと、不法滞在の罰金として払ってしまうといけないと考えました。そこで、今日まで一切の支払いを止めていたのです。そのせいでしょうか、一時は2,000ドルと言われた罰金が1,000ドルで済んだようです。既に退去手続きが終了したので、今日退職金と2月分の給料を支払いました。

明後日、奥様と一緒に最後の挨拶に来ることになっています。彼がスリランカに定住しようと、ドバイで働こうと、きっといつか会いたいと思います。世界はそんなに広くはないものです。いつか会える、きっと会える ~♩♪~♬~♩
e0031500_22102429.jpg

[PR]

by elderman | 2006-03-02 02:07 | 日々の雑感 | Comments(14)
Commented by madamkase at 2006-03-02 03:34 x
いいお話ですね。
日本からの駐在で、会社のつけてくれる運転手を深夜まで粗末に扱う
人がかなりいますが、えるだまさんは雇った方ととてもいいコミュニケーションを築いてこられたのですね。
仕事の上での立場は別でも、人間として腹を割った付き合いのできる
相手に恵まれることは、人生の大きな幸せです。
Commented by japonikk-la at 2006-03-02 08:16
えるだまさん、これから帰国まで自分でやられるのですか? なんか別れって辛いですよね。特に年と共に涙腺もゆるくなってしまって余計です。それにしてもえるだまさんて人間が出来ていますね。尊敬の一言です。
Commented by Mook at 2006-03-02 09:52 x
いい人には、いい人がつく・・・・・・・いい話です
Commented by elderman at 2006-03-02 11:08
madamkaseさん、おはようございます。^^
私は、仕事で上下関係があっても、それは人間の価値を決めるものではないと思っています。その上下関係で使用人の人間性までも見下すような人は好きにはなれません。日本人に限らず、そうなるのが一般的な傾向なようで・・・ シェフには能力があるし、立派な人格を持った人間です。前のシェフは、今ではスペインでレストランのオーナーですから、立派なものです。面白いことに、彼は私を「サー」で呼びますが、私は「ディーン」と呼んでいます。気持ちでは対等でも、前からの呼び方を変えるというのは難しいですね。(笑)
Commented by elderman at 2006-03-02 11:12
japonikk-laさん、こんばんは。^^
シェフは代わりに信頼できるスリランカ人をちゃんと用意してくれています。もっとも、代わりの人間は部屋の掃除やら洗濯などをやるだけです。私は料理は好きなので、シェフがいるときでも自分で作ったりしたものです。日本に帰れば専業主夫ですからね。^^
私ができているのではなく、シェフがとてもいい人間だってことです。そういう人材に当たったことはラッキーでした。^^
Commented by elderman at 2006-03-02 11:15
Mookさん、おはようございます。^^
でもね、相性ってあるようなんです。シェフの日中の仕事はいくつか変わっていて、中にはひどい使い方をした雇用者もいたようです。
スリランカ人、これまでに数人を知っていますが、どの人も正直で奥ゆかしいので日本人みたいです。是非行ってみたい国です。
Commented by 宇宙和里 at 2006-03-02 12:42 x
こんにちわ^^。帰国の準備なのかと思いきや、そういう事情だったのですか・・・。でも、そのシェフ氏が、不法ながらも、イランに留まった理由はなんですか? 家族おられるようですが、夫人はスリランカ人なのですか? 不法滞在者で、結婚できて、子供が学校にも通えるっていうのは、フシギな気がします。いろんな場面で書類って必要ないんですかね?! ま、私の疑問はこのくらいにして。 人と人の出会いは、やはり大切にしたいものですね。立場の違いはあれど、えるだまさんのように、仕事以外では対等に、というのが、なかなかできるようで、できない人が多いのではないでしょうか?他国から出稼ぎに来ているメイドさんとかの扱いをみると、その国の人々の、また違った民族性が見えてきますよね。恐いものです。 一事が万事ではないけれど、えるだまさんとの出会いで、日本に対する印象というものが、よくなったのではないでしょうか、、、えるだまさんがスリランカの人に対しての理解が深まったのと同様に・・・。やはり、基本は、一対一・人間としての付き合いですね。 また、会えるといいですね。  
Commented by at 2006-03-02 13:00 x
えるだまさんらしい、素敵なお話ですね。人間夫々いいところが、沢山有りますよね。私の関係する幼稚園はスリランカに沢山の幼稚園を作り、始めは運営をしていましたが、現在は、施設、設備を全て現地の方にプレゼントして、幼児教育に役立ててもらっています。スリランカは、宗教的に混乱していますが、日本と同じ、島国、どうか、穏やかに過ごせる時代が、戻るように希望しています。スリランカの幼児教育に携わる方をお世話した事がありますが、純粋な、良い方ばかりでした。食事には、困りましたが。(ひどく辛い!!!)
Commented by elderman at 2006-03-02 13:19
宇宙和里さん、こんにちは。^^
私も帰国の準備はしていますけど、まだ1か月あります。シェフがスリランカに帰国しなかった本当の理由は分かりませんが、スリランカも内戦などあって決して居心地のいいところではないのでしょう。奥様はスリランカ人ですから、イランに留まる必要はなかったはずなんですけどねぇ。
学校はイランの学校ではないので授業料さえ払えば誰でも受け入れてくれるのでしょう。イランの場合、宗教関係を除けば戸籍みたいなものはないので、個人を証明できるものがあればいいのでしょう。IDは外国人には発行されませんしね。
使用人との関係はけじめをつけながら人間性を尊重すると言うものです。無意味に慣れなれしくされたら困ります。(苦笑) 距離をおいてもお互いに尊重し合うということはできるものでしょう。^^
Commented by elderman at 2006-03-02 13:23
華さん、こんにちは。^^
スリランカでは満足できる収入が得られないのでしょう。それで出稼ぎになってしまうようです。それとなんとかタイガーという宗教グループがテロ行為をしているという治安の悪さもあります。これはスリランカ人はあまり気にしてないようですけど・・・ 
食事に関しては、スリランカもインドもあまり変わらないですから、料理は辛いものが苦手な人には辛いかな。(笑)
Commented by kaze at 2006-03-03 08:22 x
海外に行くと何かと不自由なことが多いと思います。
なかでも食事は一番気になることですね。
その食事もこんな良いシェフに巡り会えて良かったですね。
さすが、えるだまさん、人を見る目があります。
別れは寂しいですけれど、
良い思い出と友人ができましたね。
Commented by elderman at 2006-03-03 08:57
kazeさん、おはようございます。^^
海外での生活で不自由さはあまり苦にはならなくなっていますが、
対人関係、特に身の回りの人たちとの対人関係は大事ですね。
身近なところで問題を抱えていたのでは仕事にも影響がでちゃうでしょ。
シェフの存在は大きかったですね、いい人で本当に良かったと思います。^^
Commented by ショコポチ at 2006-03-03 17:36 x
愛情と同じように、尊敬もお金では買えないものだと思います。
えるだまさんとシェフさんは、人間として尊敬しあっていたのですね。
素晴らしい関係だと思います。
Commented by elderman at 2006-03-03 17:49
ショコポチさん、こんにちは。^^
うーん、尊敬というほど大げさなものではありませんが、いい関係だとは言えるでしょうね。^^
能力のある人は尊重されるべきでしょうし、人柄の良さは評価されるべきでしょうね。


<< マクロレンズの世界(103)観葉植物      バルセロナ旅行(第四日目)(後編) >>