えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 01日

日本人の英語の発音について

どうして日本人が外国語を話すと、いかにも日本語のカタカナで話しているようになってしまうのでしょうか。そこのところについてちょっと考察してみたいと思います。一般的に日本人は”L”と”R”との区別ができないというのが通説のようですが、この点も含めて考察してみたいと思います。

英会話のテキストにもあるように、英語の”L”には二通りの発音があります。いわゆる、「ダークL」の存在です。これは発音の仕方というより、消えていくような音という感じです。「ビューティフル」というより「ビューティフォー」の方が、ネイティブの発音に近いですね。

末尾の”L”はそんな感じですが、そうでない部分の”L”と”R”の発音については、日本人以外の人々はかなり敏感に判別しているようです。この区別は日本人の苦手なところなので、聞くときは全体の流れで判断するしかないと思います。こちらで発音するときには、特に”L”の発音に注意していればいいことでしょう。

さて、肝心の英語らしい発音という意味では、カタカナ的発音だと全然ネイティブの発音に似ていません。これはどうしてでしょう?そこについて考えてみたいと思います。

英語には母音が日本語よりたくさんあります。日本人が苦手なのは、いわゆる曖昧母音でしょうか。これを明瞭に「ア」と発音してしまうと、英語っぽくは聴こえて来ないものです。私の経験では、紙オムツの「パンパース」というのをそのまま日本語的に発音して失敗したことがあります。

グアムでのことでしたが、米国人相手に本当に通じませんでした。「パンパース」というより「パンプース」という方が発音的には近いでしょう。これが曖昧母音です。要するに口を開かずに発音すればいいのですが、日本語の中にそういう発音がないので、つい明瞭に発音してしまうという問題なのかも知れません。

目的という「パーパス」というのも、そのままカタカナで発音すると滑稽に聴こえます。ネイティブの発音は「プーパス」に近いでしょうか。そもそも日本語にない発音ですから、カタカナで表すことには無理があります。「プ」としてしまうと、日本語特有の発音の「ウ」という緊張した音が強調されてしまいます。実際のところ、曖昧母音は「ア」でもないし、「ウ」でもありません。

日本語の母音はかなり緊張して作る作為的な音があると思います。明瞭な「ア」はいいのですが、英語の”ae”という音はまた違います。実際の音は、「エ」に近いですけど、「ア」と「エ」を一緒にしたような音です。”bad”と”bud”との違いです。

私は、日本語と英語で一番違うものが「イ」だと思っています。日本語の「イ」は口を横に広げてかなり緊張した発音ですが、英語では緊張はなく「イ」と「エ」との間のような音になります。ですから、一生懸命「ミルク」と発音すると却って通じなくなるという結果になります。この場合の原因は、”milk”の”L”の発音ではなくて「イ」の発音の方に問題があることが多いと思います。

「イ」が強調されると、英語を話す人には”e”の音として受け止められてしまうからです。”milk”が”melk”と聴こえてしまって通じないという結果をもたらします。”six”も同じことです。強く「シックス」と発音すると”sex”と聴かれてしまいます。「ミルク」は「メルク」に近い発音でしょう。

針などを意味して、「ピン」と日本人が発音する「イン」の音は英語にはありません。「ペン」に近い音です。”pen”は別にありますから、「ペン」と表記することは紛らわしいので「ピン」になりますが、そこに落とし穴があるということでしょうか。”pin”は「ピン」と「ペン」の間のような発音です。

さらに、日本語の「ウ」の音もかなり緊張を伴った発音です。口をすぼめて発音することになるでしょうが、英語では「オ」の口の形に近いままで「ウ」と発音するのが一般的だと思います。例えば「クール」というのも日本語のカタカナ的に発音するよりも、「オ」の口の形をして「クール」と発音する方がネイティブの発音に近いと思います。

この「ウ」の発音でかなり日本語的発音から脱却できると、私は考えています。英語らしく発音するという意味で、私は「イ」と「ウ」の発音の仕方がかなり大きな要素を占めていると考えています。これは英語だけでなく、スペイン語、ペルシャ語、インドネシア語、タイ語でも感じることでした。つまり、日本語の発音がちょっと一般的でないということだと思っています。

それから日本人の苦手な発音に「スィ」があります。”shi”ではなくて”si”の発音です。「スィ」と発音すればいいと思うのですが、息子が中学生の頃は苦手だと言っていました。”si”の発音が”shi”に変わるととても奇妙に聴こえます。「シリアス」って日本語になっていますが、英語では「スィアリアス」という方が近いでしょう。

最後に、日本人には子音で終わる音が苦手だということがあるでしょう。「白書」というのを「ホワイトペーパー」とカタカナで発音している日本人は結構多いものです。”t”で終わると聴こえないだろうと思うのでしょうか、”to”としてしまうようです。実際に聴こえる音は「ホワイ・ペイプー」に近いでしょうか。「プー」は曖昧母音です。

ということで、英語らしく発音するためには、母音の違いをはっきり認識することが大事ではないかということです。日本の英語の先生が、これをしっかり教えないと、いつまでもカタカナ英語から抜け出せないと思っています。

日本語にない発音に、”th”、”v”、”f”がありますが、これは気をつけて発音するしかありません。”r”の発音の秘訣は、口をすぼませて、まるで口笛を吹くようにして発音すればいいと思います。決して巻き舌にする必要はないと思っています。”ring”の発音、どうでしょうか、口笛を吹くような口の形にすれば、ネイティブらしく発音できませんか。
[PR]

by elderman | 2006-03-01 02:48 | えるだまの観察 | Comments(17)
Commented by madamkase at 2006-03-01 05:53 x
LとRの区別がつかない代表選手でございます。
トルコ語は1つの単語の中に、これ両方混じっているのが多いんですよ。
もう、ほんとにレロレロになってしまいます。
Commented by dada at 2006-03-01 07:15 x
>ネイティブらしく・・・
なりきるまでが・・なかなかです。たまには、こっちにも遊びに来てね。
(*^^)v お待ちしております。。。
Commented by Mook at 2006-03-01 11:18 x
な~るほど~

今度試してみよっと
Commented by elderman at 2006-03-01 11:47
madamkaseさん、おはようございます。^^
LとRの区別は日本人には本当に難しいと思いますね。ラリルレロって一通りしか書きようがないですからねぇ。外国人ってどうして他人の口の中の舌の形まで分かるんだろうって不思議に思います。(笑)
Commented by elderman at 2006-03-01 11:58
dadaさん、こんにちは。^^
ブログ活動の本拠地を移動されたのかな。最近MSNは調子いいですけどね。(苦笑)
Commented by elderman at 2006-03-01 12:00
Mookさん、こんにちは。^^
話すときに一個一個の発音について考えていると、話が進みませんよ。(笑)
違いを感じることから少しずつ・・・ でしょうか。^^
Commented by aki at 2006-03-01 23:15 x
私は子供のころFENを聞いて育ったの、歌謡曲に興味がなくて。で、知らないうちに、発音をマスターしてました。高校時代、先生から「留学してたことがあるの」って聞かれたっけ。今でも英語のお客様に英語で応対すると、ネイティヴだと間違えられて、ものすごいスピードで話されて固まってしまいます。
たぶん、英語の曲を歌いたくて、それにはカタカナじゃメロディについていけなくて、何度も繰り返し聞きながら発声するっていうトレーニングが、自然と発音を覚えるきっかけになったのでしょう。要は子供が言葉を覚える過程と同じですものね。
Commented by elderman at 2006-03-01 23:29
akiさん、こんばんは。^^
そうですね、会話用の発音というのは耳で覚えるのが一番ですね。そして、それを真似する。幼児がやっていることと同じことが一番効果があるように思えます。
発音ができるようになると、今度は聴き取ることが課題になるかな、話すことは易しいけど、聴き取りはかなり難しいものですものね。ネイティブにペラペラやられたら痺れてしまいますよ。(苦笑)
Commented by mintogreen at 2006-03-01 23:40
えるだまさん、こんばんは。
外国に行って一番打ちのめされるのが聞き取る事が出来ないという事です。
帰ってくると、あ~、勉強しなきゃ~と思うのですがなかなか実行に移せません。
マスターするには、住み着いた方が早いかな~と思ってしまいます。
この記事は、とても勉強になります。
これからも、時々でけっこうですので、引き続き宜しくお願いします。
あと、カメラのアドバイスをお願いしたいのですが、私のブログにいらしていただけますか?
Commented by elderman at 2006-03-02 00:04
mintogreenさん、こんばんは。^^
話すことは比較的易しいことですね、自分で知っていることだけを話せばいいんですから。^^
聴き取りとなると話は別です。どんな話し方をするのかも分からないし、発音の癖もあるし、巻き舌でゴロゴロやられたんではさっぱり聴き取れないし・・・(汗)
日本にいるよりは外国に住むのがいいでしょうけど、それでも進歩しない人っているもので・・・(苦笑) ようするに取り組む姿勢でしょうか。
ブログには既にお邪魔しております。大変ですね。
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2006-03-02 03:20 x
娘のバイオリンのクラスにLのマリアとRのマリアがいるのですが、二人が並んで座っているとき、先生が、「マリア!…」とどちらかに注意をする、本人たちにはどちらか注意されたのかハッキリわかっているし、周りの子もみんなわかっている、でもうちの娘にはわからないでちょっと悲しいそうです。
私の英語の先生も「今のところ、LとRの聞き取りが圧倒的にできないのは日本人」と言っていますね。韓国や中国の人はまだマシなんだそうです(涙)。文脈で判断できない人名の時などは聞き直すと流れを遮ってしまうし、困ったモノです。
Commented by elderman at 2006-03-02 10:57
TAMAさん、こんばんは。^^
娘さんでも難しいのですか、すると日本民族の持つDNAのなせる業なのかなぁ・・・ LとR、区別は実際問題、難しいですねぇ。外国人の多くが明瞭に聞き分けているのを知ると情けなくなってしまいます。
ところで、米国人に日本人の「らりるれろ」の発音はLなのかRなのかと訊いたら、両方の答えがありました。日本語の「らりるれろ」は実はどちらでもないんじゃないかと思っています。日本人は舌を上顎につけて発音しているでしょうから、それでLという人もいるようです。
Commented by かっぱ at 2006-03-02 16:29 x
こんにちは。おひさしぶりです。
LとRの発音の違いについては、彼(カナダ人)がえるだまさんと同じようなことを言っていました。「Rの発音に舌は関係ない。Lよりもどちらかと言うとWに近い」らしいです。

韓国人も同じようにLとRは区別ができないので、彼はもう慣れてはいますが(学生たちの発音の間違い、私の発音の悪さ) 毎日が「ロスト・イン・トランスレーション」の世界のようです。
Commented by elderman at 2006-03-02 16:34
かっぱさん、こんにちは。^^
Rの発音について、ネイティブで発音にうるさい人に聞けば同じような答えが返ってくると思いますね。日本語の「らりるれろ」の発音はどちらでもないというのが正解なのでしょう。だから、区別ができないとも言えますけどね。(苦笑)
東アジア人には共通した悩みがあるのは当然でしょうね。中国人はちょっと違うと思っていますけど・・・ LとRはいつまでも課題です。(汗)
Commented by ひらひら at 2006-03-03 22:34 x
お久しぶりです、こんにちは。なるほどってかんじですね・・・。
先日、語学学校の先生に、お前の発音は全部「L」と「R」の発音が全て中途半端な発音になっていると指摘されました。つまり、すべて日本語の発音になっているということですね。がんばって区別してるつもりでしたが、まだまだのようです。
Commented by elderman at 2006-03-03 22:39
ひらひらさん、こんばんは。^^
派手にやらないとダメかもね、自動車の教習所と同じでしょ。(笑)
次のステップのことについても書いてみましょう・・・ 私はそれほど上手じゃないけどね。(汗)
Commented by あーる at 2010-04-20 16:24 x
自分が思ってたことと、同じで驚きました。舌は、つけないのではなく、口笛のように吹いて空気を押し出せば、つかないのですよね!こっまた教授法が一般的に広まっていますね。


<< マクロレンズの世界(102)サ...      マクロレンズの世界(101)観葉植物 >>