えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 25日

呑兵衛の戯言(17)酔っ払いいろいろ

【Gさんのケース】
Gさんはお酒の強い方です。相当飲んでも酔っ払った印象は受けません。石坂浩二のような容貌で穏やかな表情の方ですから、女性からも人気があったことと思います。仕事面では彼は直球派で、変化球を投げるというのはみたことがありませんでした。私は、こういう年長者とはどうしても気が合ってしまいます。

課や係で飲むと、Gさんとはお酌のし合いになってしまいます。酌み交わすというような上品なものじゃなくてある種の戦争状態です。さあ、飲んだから、次はあなたの番、という感じで何回もお酌が繰り返されます。お猪口ならいいのですが、やがては煮物の蓋になったり、コップになったり、そりゃぁ大変なものです。

10年も過ぎたでしょうか、お互いに年をとり、私たちはキリがないと休戦協定に入りました。同じことをやっていたのでは、体への負担が大変です。私も酔っ払っていてもそうは見えないという感じですが、Gさんには敵いません。酔って乱れたGさんの姿は見たことがありません。本当の紳士なのでしょう。

Gさんの仕事に対する熱意は大変なもので、一緒に働いていた時は、やり過ぎじゃないかとこちらがハラハラしていたものです。ところがちゃんと勘所は押さえているようで、定年退職するまでトラブルは発生しませんでした。技術屋としてかつてない最高位まで登りつめて退職されました。今頃、どうされているのかなぁ、長いこと日本を離れてしまった私ですが、また一緒に飲みたいものです。

【MさんとNさんのケース】
このお二方は仕事上の先輩でした。Mさんはとてもお酒が大好きなようで、晩婚でしたが、それまでは毎日のように縄暖簾で飲んでいました。Mさんは一見大人しい方で、黙々とお酒を飲んでいる雰囲気です。一緒に飲むことが結構ありましたが、Mさんの飲み始めは、とてもゆっくりです。とても酒豪とは思えない飲み始めです。

20代の私は飲んではおしゃべりして賑やかに振舞っていましたが、Mさんはたまに口を挟む程度でいたって静かです。私たちが、いい加減、飲んでおしゃべりして一段落と思う頃、Mさんは同じペースで飲み続けています。私はもう飲めないという感じになっているのに、飲み始めとまったく変わらないペースなのですから、これには驚きました。

一方のNさんは、それほどお酒が強くなく、飲むと直ぐに赤くなって、眠ってしまいます。Nさんはあまり飲み会には参加しなかったのですが、それでも何回かはMさんと一緒に飲むことがありました。この二人が一緒に飲むと、困ったことに話題は仕事のことばかりです。飲んだときくらいもっと面白い話をすればいいのにと思うのですが、この二人には仕事のことが面白いらしく、最初から最後まで仕事の話でした。

私がもっぱら仕事のやり方を盗んだのはこの二人の先輩ですから、ありがたいものです。この二人で思い出すことがもう一つありました。出張で駅のホームで待ち合わせをしたのですが、いつまで経っても相手が現れません。私はNさんと一緒だったのですが、Nさんはそこでずっと待っています。変だと思った私は反対側のホームの階段に行って、そこで立って待ってるMさんをみつけました。放っておいたら、彼らはいったい何時間待つ気だったのでしょうか。(苦笑)
[PR]

by elderman | 2006-02-25 01:02


<< マクロレンズの世界(95)ガーベラ      バルセロナ旅行(第2日目)(前編) >>