えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 21日

『国』についてあれこれ・・・指定バトン

猫姫さんから「指定バトン」というものを回していただいたので、『国』に関するえるだまの所感ということで質問に答えてみましょう。

1.PCもしくは本棚に入っている『国』
 本箱は帰国に備えて郵便局から発送してしまったので、もうすっかり空になっています。でも、PCにはいろいろな国の写真が入っていますから、30か国以上は保存されていると思います。どこの国に行くのにもカメラを持参しなかったということはありませんからね。

2.今妄想している『国』
 春休み(イランの正月)にはオランダなどベネルクス三国を観光する予定なので、目下情報収集中です。花の都のアムステルダムですから、まだ見たことのない花を妄想中かな。カメラを片手に毎日花の写真を写していることと思います。
 ついでにベルギー、ルクセンブルクと一気に渡航国数を3つ増やすこともできます。小さな国ですから、電車で移動すれば日帰り旅行が可能だろうと安易に考えています。
  
3.最初に出会った『国』
 初めての海外はサイパンだったから、ミクロネシア連邦でした。国じゃないけどね。その次のグアムだって国ではないから、最初の国はドイツだったかも。その際にドイツは目的地ではなかったので、ハンブルグの飛行場でせめてもと思い、ビールを飲んでフランクフルト・ソーセージを食べてドイツを味わいました。

 あ、当時の北回りはアンカレッジに着陸したのでした。アンカレッジは米国ですから、米国が最初に着地した国ということになるかも知れません。マイナス20度を体験しましたが、短時間ではあまり寒いとは思わなかったものです。ビルの上からおしっこをしたいという衝動にかられました。落下中に凍ったら面白いと思うのですがね。(笑)

 飛行場から出た最初の国は、フランスでした。クリスマス・イヴのパリです。幸いなことに暖冬でしたからコートがいらないくらいでした。クリスマスだというのにレストランもキャバレーもオープンしていたような・・・

 外国人との最初の接触は中学二年生のときだったかな、国内でしたけどお互いにホームステイをしました。米軍基地の家族ですから米国ってことになります。米国人は背が高く、成長が早いのでしょう、私は小学生くらいに思われたようです。ちょっと悔しかったことを覚えています。

4.特別な思い入れのある『国』
 そりゃぁ、もちろん日本です。いつも遠くから見ている日本ですから、思い入れは大変強いものがあります。いくら国際人化したからと言っても、祖国は祖国、何事も慌しくて、物価が高くて居心地の悪いところもあるけど、やっぱり祖国ですねぇ。今では早く帰国したいという気分です。

 外国という意味では、特定の国はないかな、それぞれの国にそれぞれの良さってありますからね。住みたいという意味では、スペイン、タイを挙げます。安全で、言葉が通じて、なんでもあって、物価が安いというのが選定基準です。
[PR]

by elderman | 2006-02-21 14:50 | 日々の雑感 | Comments(6)
Commented by 宇宙和里 at 2006-02-22 08:36 x
引き続き : 国内のホームステイって、いうのは、面白いですね。 実は、また最近(年が明けて、しばらくしてから・・)上空がにぎやかに(?)やってきました・・・例のジェット騒音です。 しばらく前、横須賀か、どこかの米軍基地の周辺で、住民との交流を図ろうと、米軍の若者達が学校を訪れて英語で歌ったりゲームをしたり、子供とも大人ともそういう機会を持ったというニュースを見たことがありました。米軍=迷惑という構図は、基地をもつ地域の住民には、少なからずあるのではないかと思いますが、それは必ずしも、そこに働いている米国人や個人的な誰かに、向けられる感情・考え方ではないのだと、私は思います。 現に私にも、基地関係者と縁のある知人・親戚が3人、います。また、ジェット機が迷惑だ!とわめいてみても、即、米国人出て行け!とは、思いません。  日本国内にも多くの外国人が生活し、滞在していますよね。 どんなにTVや映画で海外のあれこれを見聞きしても、直に接触してみるのとは違いますよね。それが、たとえ、自国内の外国(異国)文化、習慣だとしても・・・。 でも、意外と、異文化習慣というものは、実は、近くにあっても遠いものなのかもしれませんね。 
Commented by elderman at 2006-02-22 12:29
宇宙和里さんの場合はそうでしたね。米軍基地の被害者でした。
私は当時は千葉県の佐倉市に住んでいましたから、米軍基地の存在しか知らないほど縁がありませんでした。
ホームステイと言っても、たったの1泊で日米合わせて20組程度でそれぞれの文化交流をやったものです。彼らにとっても日本の家庭で1泊過ごすということは興味深いものだったようです。そして私にとっては英語を話さないと通じないという実感を得た最初の経験でした。彼らは転勤や兵役を終えるでしょうから、同じ人はいつまでも基地にはいないのでしょう。今頃はどこにいるやら・・・ 40年前以上のことでした。
Commented by ひよこ.com at 2006-02-22 13:18 x
どもー
私もなんだかんだ言って日本大好きだなあ。
でも、旅行も大好きです。
どこ行ってもエンジョイできる性格なのかもしれません。
Commented by elderman at 2006-02-22 14:26
ひよこさん、こんにちは。^^
それはなによりです。世界中どこでもエンジョイできるというのも素晴らしい。^^
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-02-23 00:47 x
ありがと~!
さすが、えるパパ。
ビルの上から、、、これも妄想??
実際には、どうなるのでしょう?
Commented by elderman at 2006-02-23 02:43
猫姫さん、こんばんは。^^
どうなるんでしょうねぇ・・・ 雪に変わったらロマンチックかな。(笑)
黄色い雪だったりして。(爆)


<< スウェーデン(最終回)おまけ      スウェーデン(8)スカンセン >>