えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 15日

ドネル・ケバブ(イラン)

ドネル・ケバブと言えば、トルコのケバブです。トルコはお隣の国ですから、イランに同じものがあっても不思議ではありません。そこでイラン人にドネル・ケバブのことについて聞いてみたら、なんとかなりポピュラーな存在だということが分かりました。私の住んでいる地区で見かけないために、4年間もイランにいながらドネル・ケバブを食べる機会を失っていたのです。

今回は、たまたま通りかかった大通りにたくさんのドネル・ケバブ屋さんがあったので、やっとありつけることになりました。私が初めてドネル・ケバブを食べたのはドバイでした。足元にあるのに4年間もいったい何をしていたのでしょうねぇ・・・

イランでは、このドネル・ケバブをトルコのケバブと呼んでいるそうです。そして、軽食として人気が高いようです。食べ方は二通りで、サンドイッチにするかお皿に盛るかというものです。今回は羊と鶏があったので皿盛りで注文しました。鶏は肉に味がなくて美味しくありませんでしたが、羊の方はなかなか美味しいものでした。肉と野菜を混ぜるので、栄養も豊富でしょう。

一人前、飲み物を入れて、300円程度でした。
e0031500_22425322.jpg

e0031500_22434485.jpg

e0031500_22443458.jpg

e0031500_22452985.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-15 22:46 | Comments(12)
Commented by かっぱ at 2006-02-15 22:57 x
はじめまして。
初めてコメントいたします。もう半年以上毎日ブログを拝見していたんですが、人気のブログで、なかなかコメントをさせていただく勇気がありませんでした・・・。

でも、今回のドネルケバブを見て、よだれが出そうになっちゃって、勇気を出してみました!!
ちょうど去年の今頃、トルコを旅行していて、ドネルケバブを毎日のように食べていました。懐かしいです。
毎日食べていると「もううんざり」と思っていましたが、今、写真を見て、食べたくて仕方がありません。えるだまさんがまた、おいしそうに撮っていらっしゃるから。
トルコのケバブでは、レストランの中で食べる、皿にパン生地とケバブを盛って、ヨーグルトソースをかけた物が絶品でした!!
はぁ~~また行きたいです。

またコメントさせていただきますね。よろしくお願いいたします。
*はっとりばーさんのブログがきっかけでやって参りました。^^
Commented by elderman at 2006-02-15 23:03
かっぱさん、ようこそいらっしゃいました。^^
更新の数は結構ありますが、それほど賑やかなブログではありませんから、どうぞ遠慮なくコメントしてくださいな。^^
ドネル・ケバブが足元にあったなんて、4年もイランに住んでいて恥ずかしいです。(苦笑) 私は、イランのケバブよりもトルコのケバブの方が好みです。トルコで食べたエスカンダル・ケバブも美味しかったですよ。^^
Commented by jumbo0317 at 2006-02-16 01:03
ご無沙汰です~。(お花の写真にはなかなかコメントする機会がなくて~^^)
わたしもドネルケバブ好きです!パンにはさんで食べるのが大好きです~食べたくなってきたなー。お台場のレストランに行きたくなっちゃったなー。
遅ればせながら、エキサイトにお引越しいたしました。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by eriko621 at 2006-02-16 03:59
イランでもポピュラーなんですね!ヨーロッパでも結構あるみたいですし、ファーストフード的なものはやっぱり広まりやすいのかな^^?
うちも最近食べました。牛肉をパンに挟むバージョンで。たまに無性に食べたくなるんですよね、こういうの。
Commented by elderman at 2006-02-16 05:14
jumbo0317さん、こんばんは。^^
さすがに食べ物の話題には目がないようで・・・・ ^^
お引越しは当然でしょうね・・・ あのサービスじゃねぇ・・・ (苦笑)
Commented by elderman at 2006-02-16 05:16
eriko621さん、そうなんです。^^
美味しいものには国境はないようです。ないというのが不思議に思っていましたけどね。^^
Commented by 宇宙和里 at 2006-02-16 09:03 x
おはようございます^^、朝から ケバブ~^o^~! なんて、ウソですよ~~。 というか、イランではどうなのかな?私の居た例の、、、イ&イの間にある国では、これは、シュウルマ(シャワルマ、まあ、耳と発音次第)と呼ばれてまして、この手のお店は、昼にならないと開きませんでした。朝には、朝の マナイーシュ(レバノンあたりでもあるらしい、でも、エジプトから来た人は、知らなかったと言ってました。)というピザみたいなのがあるんですが、このシャウルマは、昼正午半~一時すぎないと、買えませんでした。あの国での昼食タイムは、二時頃です・・・。そこでは、チキンの方がポピュラーなのですが、美味しかったですよ^^。ミートというのもあったのですが、人気は低いようで、チキンのドネルに比べて、大きくないというか太くなかったです。私の記憶では、このミートは、羊じゃなくて、beef でした。 写真を見たところ、似てはいるのですが、つけあわせがちょっと違うかな?!ヨーグルトっぽいものは、つけませんか? それぞれ、似ているけれど、違うんですね・・・。
Commented by madamkase at 2006-02-16 10:24 x
お皿が小さいのか、盛りがよすぎるのか、溢れそうですね^^)
物価高のイスタンブールでは、もっとちょぼっとしか載っていません。
イランでは円筒形に平らにそいでいくんですね。
トルコのドネル・ケバブは上が太くて、逆円錐みたいに肉を巻きつけ、その形に添って肉をそいでいきます。大同小異ってところですが。
Commented by elderman at 2006-02-16 12:41
宇宙和里さん、こんにちは。^^
これはランチとして食べたものなので、お店が何時からやっているのかは分かりません。以前、ハマダン州にバス旅行したときに朝食をとりに入ったお店では卵料理などがありました。朝食、昼食に合わせてお店の営業をやっているのでしょうね。
このお店ではヨーグルトのようなものはありませんでした。テーブルの上にはケチャップとマヨネーズのようなものが置いてありました。
Commented by elderman at 2006-02-16 12:46
madamkaseさん、おはようございます。^^
盛りがいい訳ではなくて、お皿が小さいのです。私には丁度いい量でした。若い人にはちょっと物足らない量だろうと思います。
削り方は、ヒーター(白く見えるもの)の熱を効率的に使うために円筒形にそいでいるようです。熱量が足らないのか、かなり接近させて焼いていました。
Commented by japonikk-la at 2006-02-16 13:11
ドネルを見ると私はギリシャのギロが真っ先に浮かびます。羊の肉があまり好きでない私でもめちゃくちゃ好きです。
でもこれは出来上がりをみたらアメリカのフィーリーサンドイッチ(フィラデルフィアサンドイッチ)の方が似てます。
とにかく安くって気が利いたものがイランの外食にもあるというのを紹介してくれてよかったです。
Commented by elderman at 2006-02-16 13:32
japonikk-laさん、こんばんは。^^
私はこのタイプを見るとブラジルのシュラスコを思い出してしまいます。ブラジルの場合は羊の肉はなかったと思いますけど・・・
皿盛りの場合は肉野菜炒めみたいな雰囲気ですが、サンドイッチで食べるのが普通なのでしょう。


<< マクロレンズの世界(84)プルメリア      スウェーデン(2)船のホテル >>