えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 14日

エスファハン(イラン)

エスファハンのエマームスクエア以外の観光地も紹介しておきましょうね。エスファハンは橋でも有名です。市内を流れるザーヤンデ川、そこに架かる橋は観光地になっています。もちろん古い橋なので自動車は通行はできません。

(ハージュ橋・・・一番綺麗な橋でしょう。)
e0031500_0422572.jpg

e0031500_0432272.jpg

(シーオセポル・・・シーオセは33、ポルは橋という意味です。)
e0031500_044636.jpg

e0031500_0445719.jpg

(ヴァンク教会・・・モスクのようですが、アルメニア人の教会です。)
e0031500_0455755.jpg

(揺れるミナレット・・・尖塔を揺らすことができるということで有名です。)
e0031500_0471238.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-14 00:47 | Comments(12)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-02-14 03:13 x
え?え?
4枚目、夜のお写真、どうなっているの??
川の中を、歩いている人が、、、
Commented by elderman at 2006-02-14 03:37
猫姫さん、こんばんは。^^
そうですね、川の中を親子で歩いていますね。何か不思議でしょうか?(笑)
ズボンの裾を捲り上げて、水の流れを感じながら気持ちいいんじゃないかな。^^
Commented by 宇宙和里 at 2006-02-14 08:18 x
おはようございます。 先日のエマ-ムの写真もそうですし、中央アジアにある(地名忘れてしまいました、、サマルカンドだったかな?)藍のモスクといい、アラビア、ペルシャなどのイスラムの民は、こんなにも 精巧に、美しく、根気のいる仕事(建物や織物、細工物など)をするのに、、、忍耐強いのだろうと思うのに、、、怒り!となると、短気・一気、爆発!ですよね~~。あの短気さは、どこからくるのだろう?!それもミンナでわいわい、怒る怒る!!! 感情が豊かだっていう証拠なんでしょうかね?!
だからこそ、あんなに 細かく美しいものを 作り出せるのでしょうかね・・・。あの秘めたエネルギーを、これからは、地球の発展に広く・・・使えたらいいのにな~~~。イスラムの芸術は、素敵です。それなりに"飛びついてしまう"くらい、好きです。(私生活の雰囲気としてはバロックが好きですけど・・・)。
Commented by elderman at 2006-02-14 11:59
宇宙和里さん、こんにちは。^^
サマルカンド、行ってみたい場所です。今はなんて国なんでしょうね。中央アジアの国々は近いとは言え、なかなか行くことは難しいところです。

短気でしょうかねぇ・・・ 日本人の方がよっぽど怒りっぽいと思いますけど。今回の風刺画に対する怒りはヨーロッパ人に見下され、さんざん搾取された過去を含めての怒りに感じます。一緒にお祈りしていると連帯感もあるのでしょう。
Commented by con-trail at 2006-02-14 19:33
橋の建設にこれだけ労力をつぎ込んでいるんですね。地震大国日本では考えられないことですね。橋の下の階段に座って、足を川につけたら気持ちよさそうです。
Commented by elderman at 2006-02-14 19:51
con-trailさん、こんばんは。^^
町の真ん中を川が流れているのでは、橋は不可欠なものでしょうし、この橋では王様が宴会をやったとも言われています。周囲が砂漠のような国ですから、川の水と川辺の緑はまったく別世界という感じだろうと思います。
Commented by mintogreen at 2006-02-14 21:50
えるだまさん、こんばんは。
日本では見られない光景、風景ですね。

揺れるミナレット、どうやって揺らすのですか?^^
Commented by elderman at 2006-02-14 22:00
mintogreenさん、こんばんは。^^
そりゃぁ、日本とは違いますね。気候風土、文化歴史、全然違うしねぇ。
ミナレットは塔の中に登って、中にある取っ手みたいのを揺らすようです。そうするともう一方のミナレットも一緒に揺れるというものです。
Commented by あじゅるえずめ at 2006-02-15 01:23 x
えるだまさん、こんばんは。
初めて行ったとき川は干上がっていて、水はありませんでした。
2度目に行ったときは少しでしたが、水がありました。
やっぱり橋なので、下に水が流れている方がいいですね(笑)
アルメニア人の教会(ここかな?)の中一面に描かれている拷問の絵を見たら、気分が悪くなってしばらく座り込んだ記憶があります…
揺れるミナレット、そのうちに揺らしすぎで壊れるのでは(笑)
Commented by elderman at 2006-02-15 01:29
あじゅるえずめさん、こんばんは。^^
そうですね、川に水があったらラッキーかも。私は4回くらい行っていますが、水はいつもあったような・・・
アルメニア人の教会はエスファハンではここだけですから、多分そうなんでしょうけど、私は全然覚えていません。(汗)
揺れるミナレットはよくメンテナンス中のようです。揺らしてどっか具合が悪くなったのかもね。この前は、揺らすというので大勢の観客がいました。揺れたからってどうってことはないのですが、他に面白いことがないんでしょうかねぇ。(笑)
Commented by persian-style at 2006-02-15 14:39
えるだまさん、こんにちは!はじめてコメントします。リンクをたどってこちらにたどり着きましたが、とっても素晴らしい写真の数々・・びっくりと同時にとても嬉しいです。というのも、なかなか魅力的なイランを紹介しているサイトやブログってないではないですか。私は夫がイラン人で、私自身がイランからの輸入品をネット販売しているのですが、そのサイトでは販売目的以外にステキなイランを紹介したいという狙い(?)、いやいや想いもあるのです。えだるまさんのブログを私のHPのリンク集で紹介させていただいてもよろしいでしょうか? ところで、このエスファハンの写真、懐かしい思いで見させていただきました。昨年秋にイランへ行った際、やはりこの橋に行き「あ~キレイだなぁ♪」と癒されていたのを思い出します。エスファハンは大好きな街です。
Commented by elderman at 2006-02-15 15:49
persian-styleさん、ようこそいらっしゃいました。^^
私はイランにかれこれ4年おりますが、これまでにいろいろな面からイランを紹介して来ています。3月いっぱいで帰国しますが、引き続きイランのことは話題にして行きたいと思っています。
こちらのブログでお役に立てるのでしたら、どんどんご利用ください。著作権などやかましいことも申し上げる気はありませんから、有効活用していただければ幸いです。^^


<< ナチュラル・ドライ・フラワー      マクロレンズの世界(82)アデニウム >>