えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 05日

イランの料理(9)家庭料理編

この料理はスタッフド・ダックと呼べばいいのでしょうか。アヒルの中に、プルーンやハーブなどを詰めて焼いたものです。こういうものはレストランでは味わえません。写真の料理はアツーサのお母さんが用意してくれたものです。
e0031500_1494659.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-05 01:49 | Comments(4)
Commented by japonikk-la at 2006-02-05 03:38
やっぱり料理歴の長いママン・ジュンのお料理は美味しそう。
私はこれ食べた事ないです。食べれたえるだまさんが羨ましいです。
プルーンを入って胃もすっきりクリーン!?
Commented by 宇宙和里 at 2006-02-05 08:24 x
おはようございます^^、朝、見るには、濃い料理ですけど、文句なく、美味しそうです^^。
Commented by elderman at 2006-02-05 11:50
japonikk-laさん、そうですね。^^
アツーサのお母さんが作ってくれた料理はさすがに美味しいですね。
味を聞かれても困るところですが、なんとも不思議な味付けでした。
Commented by elderman at 2006-02-05 11:52
宇宙和里さん、こんにちは。^^
そうですね、朝にはちょっと重たいでしょうね。
イランでは家庭料理に本領があるので、観光ツアーでは味わえないと思います。


<< イランの料理(10)家庭料理編      マクロレンズの世界(73)蕾 >>