えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 22日

平和な光景(ドバイ)

私はアラブ首長国連邦の石油成金趣味は好きではないのですが、ドバイに行くととても気に入っている光景があります。街中のデパートなどの光景がそれです。写真をご覧になっていただければ分かると思いますが、実に多様な人種が平和に共存しています。これほど多様な人種が一緒に集まっている国というのは少ないことと思います。

アラブ人特有の衣装を着た地元のアラブ人、黒い衣服を着たムスリムの女性、髪の毛を出しているアジア女性、スーツを着た欧米人、肌も露わな欧米人観光客、パキスタンかフィリピン人の従業員などなど。たまたま写真には入っていませんが、アフリカからの人たちも大勢見かけます。日本人観光客や現地駐在員も写っていませんね。

こういう光景の中にいるとしみじみと平和を感じます。世界ではテロや戦争という恐ろしい事がなくなりませんが、どうしてこうやって平和に暮らせないのでしょうかねぇ。

e0031500_10411338.jpg

e0031500_10415828.jpg

[PR]

by elderman | 2005-07-22 10:42 | Comments(5)
Commented by forget me not at 2005-07-22 13:17 x
ハワイで親戚が集合したとき、ロスの叔母がひとこと、
「あーここにいると堂々と日本語が話せていいわぁ」と言ったのを思い出しました。ロスですら、うっかり日本語を使うと振り返られてしまうと言うのです。ハワイの日系人のいとこも一度フロリダ出身の恋人と暮らしたくて
メインランドに渡りましたが、何かなじめない雰囲気を感じたのだと。
あれだけ人種の多いアメリカですら、閉鎖的な部分は否めないのかと
少しおどろき。私の住む町は今万博関係の外国人の居住区になっていて、いろんな国の人が当たり前に歩いているのですが、あまり違和感を
感じたことがないのです。むしろ国際的になった町の雰囲気が活気をおびていて好きですね。
Commented by elderman at 2005-07-22 13:23
forget me not さん、そうですね。言語の問題はあるでしょうね。国際語としての英語はみんなでマスターしなければいけない時代はもう直ぐかな。共通語がないとどうにもなりませんからねぇ。
Commented by じゃんぼおかん at 2005-07-23 09:17 x
おはようございます。
平和でいい光景ですよね。
でも、こちらにいらっしゃる方々は皆さん裕福な方なのでしょうか?

やはり、貧困が妬みを産み、紛争、戦争となっていくのでしょうか。
でも、他人がそれをみて、貧しいと思っても、本人がそれでよしと思っていれば貧困ではないし…
みなが同じように豊かになりたいと考えても、社会主義では破綻するし…

この平和な光景には、寛容と尊重、好意的無関心という言葉が頭に思い浮かびました。
Commented by elderman at 2005-07-23 11:05
じゃんぼおかんさん、おはようございます。^^
アラブ首長国連邦の人たちは石油資源のお陰でお金持ちですね。働いているのは外国人労働者が多いです。あとはヨーロッパのビジネスマン、観光客、それから世界中から集まった売春婦かな。一見平和でも生活は楽じゃないかもね。でも、戦争よりはずっとましです。^^
Commented at 2008-10-06 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< イランの夏の花(4)八重の槿      イランの夏の花(3)マツバボタン >>