えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 30日

呑兵衛の戯言(5)焼酎

梅酒を焼酎と言っていいのかどうか分かりませんが、私はあまり焼酎というのを飲んだことがありませんでした。ビールとウイスキー、日本酒というのが普通のパターンだったからでしょう。25年も前は、安い焼き鳥屋で焼酎が流行っていたようですが、どういう訳かそういう店には行く機会がありませんでした。

やがてチューハイなるものが登場して来ましたが、あまり美味しいと思わなかったのでやりませんでした。もっぱら、ビールと日本酒、二次会でウイスキーというパターンでした。

そんな頃、九州への出張があり、仕事が終わると飲みに出掛けました。九州には何回も行っているので記憶が混乱していますが、あれは宮崎に行ったときのことだと思います。最初に飲んだものは霧島という麦焼酎でした。お湯割りを勧められましたが、臭いがありそうなのでオンザロックでいただきました。飲めますけど、あまり美味しいとは思いませんでしたね。

そして、鹿児島に行っていよいよ薩摩白波を飲むことになりました。こちらもオンザロックで飲んだと思います。一緒に行った先輩は味を知っているので、美味しそうに飲んでいましたが、私は朝起きてもその臭いが口に残っていて辟易したものです。これが焼酎への入り口体験でした。

次に九州へ行ったのは福岡だったと思います。焼酎の味に大分慣れてきていたようですが、私はまだオンザロックで飲んでいました。このときに九州のとんこつ味のラーメンを初めて食べたのですが、お店に入った段階でそのすごい臭いに痺れたものです。臭いはすごかったけど、味は良かったです。

行きつけの小料理屋に、JINROという韓国の焼酎が置いてあったので飲んだことはありますが、酔うためだけに飲むような感じだったので、あまり飲んだという記憶はありません。

となるといつから焼酎を好きになったのか、一生懸命に思い出さないといけないようです。焼酎を買って家に持ち帰ったという記憶はほとんどありません。そう言えば、今でも家内は焼酎が嫌いです。そのせいもあって、家で飲むということはなかったのでしょう。

いつの日か、居酒屋に焼酎がおかれるようになり、いいちこ、吉四六を飲むようになってから焼酎を注文するようになったようです。もちろん、お湯割りで梅干を入れてただきました。日本酒より酔い醒めがすっきりしているというのが飲む動機だったかも知れません。私は不精なせいか、あまり他の人に酌をするというのが好きではありませんでした。外国生活12年ではその日本らしい習慣は完全失っています。

親友と二人で酌み交わすというのはいいのですが、宴会などで酌をしに回らないといけないという職場の風習には閉口したものです。私が一番若いのに全然動かないと課長に叱られたものです。課長の言いたかったことは自分に酌をしろということではなくて、課長より偉い人が同席したときに自分の部下のいい躾をみせたかったのでしょう。

そんな可愛げのない私でしたが、どういう訳か偉い方々との宴会は増える一方でした。あまり美味しくないお酒はありがたくないものです。そういう宴会が終わると一人で行きつけの飲み屋に行って、飲み直したものです。仕事の宴会では全然酔わないものです。

焼酎から話が逸れてしまいましたが、焼酎を本当に美味しいと思うようになったのは、つい最近のことかも知れません。タイにいたときに中国人の親友にもらった白酒、その味を知ってから、日本の焼酎を美味しいと思うようになったのかも知れません。中国の白酒、老酒を好きになるのにはまだまだ修行が必要なようです。

その後、日本で芋焼酎ブームが起きて、一時帰国やらで黒霧島などを飲めるようになると、本当に焼酎を美味しいと思うようになったものです。面白いことに薩摩白波まで見直すことになったのです。今でも臭いけど、やっぱり口当たりのいい美味しい焼酎です。

醗酵させて作るものはすべて強烈な臭いがつきものですが、アジアの蒸留酒はその臭いを脱臭せずに人間の方が慣れて合わせればいいという発想があるようです。ヨーロッパではウオッカのように臭い成分は脱臭してしまい、匂いや味をつけるということをしています。東アジアでは脱臭せずに美味しい焼酎を作り出そうとしているようです。それでも慣れないと臭いものですけどね。
[PR]

by elderman | 2006-01-30 06:41 | Comments(6)
Commented by mintogreen at 2006-01-30 22:44
えるだまさん、焼酎飲むようになられたのは、けっこう遅いほうですね。
mintoは、焼酎は全然飲んだ事ないけど、飲まれてる方に伺うと、二日酔いにならないと・・・、飲みすぎはいけませんけどね。^^
Commented by elderman at 2006-01-30 22:47
mintogreenさん、こんばんは。^^
そうですね、焼酎は相当後になってからです。二日酔いにならないというのは、ちょっと怪しいけど、抜けは早いかな。醸造酒はいつまでも残るからねぇ・・・
Commented by mintogreen at 2006-01-30 23:34
えるだまさんが、宴会にはなくてはならない存在っていうのも、頷けます。
変なごますりとか、みえすいたお世辞とか、そんなもの脳みその中には入ってなさそうだもの。(笑)
一緒に飲むと楽なのでしょうね。
Commented by elderman at 2006-01-30 23:43
mintogreenさん、そうなのかなぁ・・・(苦笑)
仲間はいっぱいいるけどね。^^
みんなで悪口ばかり・・・ うけけけけ サラリーマンの常態だね。(爆)
なんか12年前までが懐かしくなっちゃった・・・・ (遠い目)
Commented by mintogreen at 2006-01-31 00:03
男の世界ってそんなもん?
やだね~。
飲んで、愚痴らないとやってられないのか~?
可愛そうな気もする・・・、サラリーマンって。
今は、イランではもっぱらブログで発散? それとも、もっといい事が?
Commented by elderman at 2006-01-31 00:05
mintogreenさん、日本のサラーリーマンなんてそんなものでしょ。(苦笑)
私はあんまり愚痴らないんですけどね。もっぱら聞き手かな、わはは。
イランでは何で発散かなぁ・・・ ネットがないと死んじゃうかもね。(笑)


<< コペンハーゲンで見た面白いもの...      マクロレンズの世界(67)椿 >>