えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 27日

古い記憶(20)小学二~三年生の頃

(夕焼けとんび)
「夕焼け空が 真っ赤か とんびがくるりと 輪をかいた」♪ 三橋美智也のヒット曲です。「まっかっか」というのと「とんびがくりと」というのは小学生の私には印象に残りました。もっぱらラジオから流れていたのでしょうか。
 
(だからいったじゃないの)
「あんた泣いてんのね だから言ったじゃないの」♪ この歌は台詞付きだったんじゃないかな。小学生はよく泣きますから、流行り言葉になっていたんじゃないかな。歌手のことは全然覚えていません。

(星は何でも知っている)
「星は何でも知っている 夕べあの娘が泣いたのも」♪ 平尾昌章のヒット曲ですが、子供心にもいい雰囲気の歌でした。台詞もあったと思いますが、恥ずかしくて聴いていられなかっただろうなぁ・・・

(おーい中村君)
「おーい中村君 ちょいと待ちたまえ いかに新婚 ほやほやだとて」♪ こういうコミカルな歌は子供には受けがいいものでしょう。口ずさんでいたかも知れません。
 
(からたち日記)
「からたち からたち からた~~ちの日記」♪ 島倉千代子のヒット曲です。この最後の部分しか覚えていませんが、メロディがちゃんと記憶に残っていますね。

(長嶋茂雄、巨人軍に入団)
昭和33年のことだったんですねぇ、入団の頃から人気があって、早速TVのCMに起用されたようです。実は、長嶋茂雄氏は、私の高校の先輩になります。大学に入って出身高校を紹介するのに、長嶋氏を何回も引き合いに出したものです。

(若乃花と朝汐)
この頃の相撲は、若乃花と朝汐で人気を二分していた感があります。朝汐の出演した「日本誕生」(?)だったかな、そんな映画を観た記憶があります。私は小柄で渋い顔の若乃花より男らしい朝汐が好きでした。

(東京タワー)
昭和33年に東京タワーは完成したのでした。私はマッチ棒で東京タワーのミニチュアを作った記憶があります。333mという高さもしっかり記憶に残っています。

(TV番組)
この辺で昭和33年を終わりますが、昭和34年からはもっぱらTV番組の話題になりそうです。小学生でそれほど勉強しなくてよかったし、TV番組の充実度も日に日に高まったのでしょう。懐かしい番組が目白押しです。TV番組以外の話題を探すのが大変なくらいです。

(転校)
忘れていましたが、小学校2年生で再度転校しました。それからは、長いこと佐倉市に居住しておりました。長嶋茂雄氏が先輩というくらいですから、高校生までは佐倉市で暮らしたのでした。佐倉市はそれほど大きな市ではありませんが、城下町であり、商店街もある街らしい街でした。

私の家は、その商店街から路地を入った住宅地にあり、年長が多かったものの同じ世代の子供たちがいっぱいいるところに引越したのでした。ですから、学校だけでなく、帰宅してからも近所の家の子供たちとよく遊んだものでした。しかし、それはTVが家に来てからは大きく様子が変わってしまいました。TV番組を見たいために帰宅が遅くならないということでは両親には喜ばしいことだったのかも知れませんが・・・
[PR]

by elderman | 2006-01-27 08:35 | Comments(8)
Commented by 宇宙和里 at 2006-01-27 09:13 x
おはようさんです^^。 からたち日記の 歌、私も知っています、、多分、母が口ずさんでいたためだと思いますが・・・。 >> ♪夕焼け空が 真っ赤か とんびがくるりと 輪をかいた ♪ これも、知っています、この部分だけ。 私の父は、クラシックが好きで、歌謡曲のレコードなどはなくて、クラシックのセットなどを買い込んでいた(本人は、忙しくて聴く暇がなく、もっぱらピアノを習い始めた私が聞いていましたが・・・)。なのに、どうして こんなに昔の歌謡曲が記憶の端に残っているのでしょう?! あ~不思議!!
Commented by elderman at 2006-01-27 09:22
宇宙和里さん、そうですね。^^
昔の歌は、メロディも歌詞もはっきりしていましたから、しかもテンポもゆっくりなので記憶に残るんでしょうね。しかも、同時代に生きていると、ヒットしている期間も長いので記憶に焼きついてしまいます。古き良き時代といえるのかな。
Commented by madamkase at 2006-01-27 17:51 x
これだから、来ないではいられません。
昭和33年は私、高校1年生。中学生で三橋美智也の故郷のにおい、いっぱいの歌に出会って私は熱烈なファンでした。彼の歌すべてを暗誦していましたし、ひばりも千代子も物まね上手だったので「浦和の千代ちゃん」と呼ばれたものです。今なんか、横須賀衣笠商店街のみなさんにはトルコの美空ひばりとして知られています。12~3人だけど。

朝汐(米川→朝潮→朝汐)の出演した映画は東宝映画「日輪」で、スサノヲノ尊を三船敏郎、卑弥呼を小暮実千代、タジカラオノ尊を朝汐が演じたものですね。日本映画史上、初の歴史スペクタクルとか銘打ってました。
Commented by elderman at 2006-01-27 18:15
madamkaseさん、こんにちは。^^
トルコのひばりさんですか、いいですねぇ。美空ひばりの歌はどれも難しくて、私のカラオケ・コレクションにはありません。(汗)
ところで、相変わらずの記憶力ですが、今回のはいかがなものでしょうか。
私の思い出した映画のタイトルは、確認したところ「日本誕生」(1959)です。朝汐太郎は「タヂカラの神」を演じております。「日輪」は大正時代の映画ですから、少し混乱されているのではないでしょうか。
Commented by madamkase at 2006-01-27 22:35 x
りゃりゃりゃ、間違ってしまいましたか。
日本誕生はほんと、59年の作で昭和34年ですよね。
小暮実千代が卑弥呼を演じた映画はどこへ消えたんでしょう。あとで脳みそのクリーニングしないといけませんね。
Commented by elderman at 2006-01-27 22:48
madamkaseさん、お疲れさま。^^
残念ながら、小暮実千代さんの卑弥呼というのは私の記憶にありません。あのおばちゃんを想像するだけでも怖い・・・ でも、若い頃は綺麗だったんのでしょうねぇ。^^
Commented by madamkase at 2006-01-28 05:32 x
えるだまさん、やっとわかりました。横光利一の日輪が確かに映画になったはず、ポスターの写真がまざまざと記憶にあるので、と調べてみました。
木暮(木がほんとうでした)実千代さんが卑弥呼を演じたのは1953年の東映映画でした。これも総天然色(懐かしい言葉)で、当時としては大スペクタクルだったのですね。一世を風靡した「ヒャラーリヒャラリーコ」笛吹き童子よりもまだ昔の話だったのですね。
私が高校生のときに見たポスターはおっしゃるとおり、「日本誕生」でした。木暮実千代さんは綺麗でしたよ。
あなた様のおかげで、とても懐かしい思い出に次々と出会えてありがたいと思っています。
Commented by elderman at 2006-01-28 11:49
madamkaseさん、おはようございます。^^
記憶の整理ができて良かったですね。1953年では私にはまったく無理です、3歳で映画の内容を覚えることは不可能ですものね。
それにしても日本の映画で総天然色が1953年に現れているとは、これもすごいと思います。
笛吹き童子も残念ながら私の世代のちょっと前の出来事です。


<< デンマーク(5)市街地      マクロレンズの世界(64)ハゴ... >>