えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 23日

デンマーク(1)到着

この北欧旅行はまったくの気まぐれ旅行でした。本当はスリランカに行ってみたかったのですが、諸般の事情で断念。ならば、まだ行ったことのない北欧に行ってみようという気分で1週間の旅行を決めたのでした。2003年8月のことでした。

したがって、ほとんど下調べもなしです。イランにいますから「地球の歩き方」も手に入りません。行ってみれば何とかなるだろうという気持ちと、リフレッシュのための休暇なんだから行き当たりばったりの旅行もいいんじゃないか、そんな気持ちでした。

そもそも私がデンマークについて知っていることと言えば、お城の国、ビールのカールスバーグ、風力発電、美味しいチーズ、人魚の像、アンデルセンくらいのものでした。インターネットでいろいろ調べましたが、いかにもにわか勉強というところです。本当に何も知らないで訪問したりしたらその国に失礼ですから、最低限の知識は入れておかないといけませんね。

コペンハーゲンに着いたのは朝の9時半でした。イランを出たのが午前3時でしたから、フランクフルトでの乗り換え時間を入れても7時間程度かかっただけです。空港で待ち合わせをしていた次男は、昨晩のうちに日本を発ち、既に到着していました。

これからえるだま親子の北欧旅行が始まりました。飛行場から予約してあったアスコット・ホテルに向かい、早速チェックインしました。街並みの様子は重厚の一言でしょうか、石造りの建築物ばかりです。ヨーロッパの歴史を感じます。夏だったからでしょうか、暗いという感じはしませんでした。

【デンマークの概要】

面積は九州と同程度、人口約537万人、首都コペンハーゲン、人種北方ゲルマン民族、言語デンマーク語、宗教福音ルーテル教、政体立憲君主制。

主要産業は酪農畜産業、化学工業、食品加工業、造船。風力発電も有名。国民一人当たりGDPは30,100ドル。通貨クローネ。主要貿易相手国は独、スウェーデン、英、米、オランダ

【著名人】
・ H.C.アンデルセン(童話作家)
・ セーレン・キルケゴール(ニーチェと並ぶ実存主義の祖であり、個人主義を訴えた哲学者)
・ ベアテル・ト-ヴァルセン(彫刻家)
・ ニ-ルス・ボーア(ノーベル賞を受けた核物理学の大家)
・ N.E.バンクミケルセン(ノーマライゼーションの思想を提唱した福祉家)

【歴史】
北欧3国(フィンランドを除く)は北ゲルマン族(ノルマン人)を共通の祖とする。ノルマン人とはいわゆる海賊として有名な「バイキング」で、10世紀前後には歴史上有名な「ノルマン人の大移動」を行い、イギリスやロシア、遠くはイタリアのシチリア島などに国を建てました。デンマークは9世紀前半に建国され、1380年から1814年までノルウェーはデンマークに属し、スウェーデンも一時期支配下に入るなど広大な領土を誇った時代もあった。ユトランド半島の付け根にあるシュレスヴィヒ、ホルスタイン地方もドイツに奪われる1864年まで領土だった。

(アスコット・ホテルからの眺め)
e0031500_158398.jpg

e0031500_1582979.jpg

(コペンハーゲンの街並み)
e0031500_1584982.jpg

e0031500_159999.jpg

[PR]

by elderman | 2006-01-23 15:09 | Comments(10)
Commented by 「刷りバカ」のノラ at 2006-01-23 19:10 x
こんにちは!!
「刷りばか日誌」写真コーナー担当のノラです
「日本ブログ大賞」投票しました。
小さな1票ですが、がんばってください!!
Commented by 宇宙和里 at 2006-01-23 19:19 x
理由は、聴かないで下さい、なぜなら、自分でもハッキリした理由が解からないからです、でも、北欧は、12~13歳の頃から、とても好きで行ってみたいと思っています。フィンランドには行きました、一番行ってみたいのはスウェーデンなのですけど・・・。というわけで、一時期、北欧文学科というのも考えたことがあります^^。キルケゴールの本とか・・・。その次には、デンマークの”フォルクス・高等学校”見たいな呼び名だったと思いますが、国際平和について学んだり、そういったことをディベート(英語で)する学校(デンマーク人以外にはデンマーク語を学べる授業もある)があると知り、OLを辞めてそこに行く準備をしたこともあります(結局、南半球へ行ってしまいましたが。)、、、と なんでだろう?!北欧好きです。
このシリーズ、楽しみにしています。 《反対に、なぜだか、東・東南アジアは、今ひとつ・・・・いや、今みっつくらい、行きたいという気になりません、(たぶん無料で行けるとしても、喜ばないと思う・・・。)、この違い、自分でもフシギなんですけどね。。。。
Commented by elderman at 2006-01-23 19:26
「刷りバカ」のノラさん、ありがとうございます。^^
横断的にブログをご覧になられている方もいらっしゃるのですね。
ビジネス部門ですか、たまには覗いてみるのもいいのかな。^^
一票、大変ありがたく思います。m(_ _)m
Commented by elderman at 2006-01-23 19:31
宇宙和里さん、こんばんは。^^
理由はどうあれ、好感を持つということはいいことでしょう。北欧は本当に進んだ国だと思います。日本は米国よりも北欧の国からいろいろ学ぶべきではないかと思うくらいです。北欧では自国の人口が少ないという自覚のせいでしょう、母国語以外に英語を話す人が多いので助かります。
東南アジアはまた別な魅力がありますから、いずれ興味を持つようになるかも知れませんよ。のんびりしていながらもごちゃごちゃした東南アジアもいいものです。^^
Commented by mintogreen at 2006-01-24 00:22
建物の色がいいですね~。
日本は、もっと町並みの色というものを意識して欲しいなと思います。
自分の住む所も含めて、美意識を大切にした建築をしていって欲しい。
色を同じでは無くともある程度、統一していくとか・・・。
それだけでも、大分違ってくると思う。
条例に盛り込んで、欲しいな。
Commented by elderman at 2006-01-24 00:25
mintogreenさん、そういう意味ではデンマーク面白いですよ。^^
好き好きに色を塗っているように見えます。次回にはそれを紹介しましょうね。^^
統一なんてあるのかなぁ・・・ 
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-01-24 00:35 x
しかし、仲の良い親子ですね。
羨ましいわ。
Commented by elderman at 2006-01-24 00:44
猫姫さん、あらま、そうですか。
猫姫さんも親御さんを大事にしてあげてくださいな。^^
Commented by madamkase at 2006-01-24 02:33 x
北欧、なんて字面を見ただけでも一種の雰囲気が漂っていますよね。
私はデンマークに婿入りした仲良しのトルコ青年が、いつかわが家のお客としてコペンハーゲンにおいでください、とメールをくれるたび行きたいとは思うのですが、もう4年越し果たせずにいます。
シリーズ楽しみに拝見しますね。
Commented by elderman at 2006-01-24 02:38
madamkaseさん、こんばんは。^^
ネタも冬枯れなんで、しばらくは北欧旅行にお付き合いくださいね。今は冬だから夏の気分もいいでしょう。^^
少し加筆しながら、新シリーズとしてやって行きますね。^^


<< マクロレンズの世界(61)ハナキリン      古い記憶(18)小学二~三年生の頃 >>